検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

アンテナ工事で確認すべき事とオススメ


 


 

 ①道具

 

自分で行うアンテナ工事ではとくに事前にそろえるべき用具がわからず、戸惑うことが多いと思います。

 

 雑誌やインターネットでの情報は上級者向けで専門的すぎたりして、初心者にはあまり参考にならないことも多々あります。


 アンテナ工事に必要なのは、アンテナだけではなくて、電波が充分に受信できない場合はブースターが必要になります。


 ブースターは微弱な受信電波を補強するためのもので、一般的にはでは9000円~21000円程度で売られています。


 また、BSデジタルやCSをひとつのコンセントから配線する場合は分配器が必要になってきます、こちらもネットや家電量販店などで買うことができますがアンテナ設置をするためには知識が必要ですね。


 アンテナを取り付けるためには固定するための金具も必要になりますし、自前の工事のタイミングで自分ではできない、となることが多いです、優良なアンテナ工事業者に任せるのをオススメ致します。


 


 ②ブースターの種類


 ビルなどの遮蔽物が多い場所では、電波補強用としてブースターが必要な場合もあるのが注意点です。


 優良なアンテナ工事会社では、アンテナ本体と一緒にオプションとして取り付けてくれます。


 ブースターには大きく分けると屋外用と屋内用となり、それぞれ性能と役割があります。


 屋外用はアンテナ周りの壁面に設置するタイプになって、電波の補強性能が高いのが特徴です。


 ただ、屋内用にくらべてやや値段が高いという点、家の外に設置するためスペースをとられるという点でデメリットがあると言われています。


 屋内用ブースターは室内に設置するタイプなので場所をとりませんが、補う事ができる電波が弱いという欠点があります。


 ご自宅の電波状況をよく把握し、補強したい電波のレベルなどを考え、どのタイプのブースターを使うか決める事をオススメ致します。 


 


 ③アンテナ工事を安くする

 

 アンテナ工事に必要なものをイチからそろえようとすると、意外に高額になってしまう事が多いです。


 アンテナ本体は種類にもよりますがおおよそ30000円~40000円程度、ブースターが9000円~21000円、固定式の金具が5000円程度します。


 アンテナ工事料金などを踏まえると結構な金額になってしまうのはわかりますね?


 少しでもコストを安くおさえたいなら、優良なアンテナ工事事業者に安価で行ってもらうのがいいでしょう。


 特に新築の場合は他にもしなければいけない事が沢山あると思いますので故障や破損した時に保証が効くアンテナ工事の会社を強くオススメ致します。


 

閲覧数:10回0件のコメント