検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

BS放送とCS放送を見る場合は!



    地上デジタル放送のほかに衛星放送であるBS放送やCS放送を見ることができるようになれば、見ることができる番組の数も相当数増えて選択肢を増やすことができますね。


    やはりそれなりのコストがで充実度とかかるので価格をきちんと把握し、自分には必要なのか不必要なのかを見極めましょう。


    BSやCS放送を導入することでいくら費用がかかり、どのような満足感を感じることができるか事前に想像できたらいいですよね?

 



   何が必要か?


    今お持ちのテレビでBSやCSデジタル放送を観るために必要な機器に関して言及していきましょう。

    ・チューナー


    これは今のテレビにはほとんど内蔵されているので、昔のテレビでない限りは別途購入する必要はありません。


    ・テレビ


    もちろん必要ですね。


    ・BSやCS専用のアンテナ   


    これは集合住宅で共同受信している場合は個別に用意しなくて良いですが、それ以外の場合はアンテナを設置する必要があり、衛星は南西の方角にありますのでアンテナの方向に障害物が無い様に設置します。


    BSやCS放送を本格的に見るには最低でも24インチ以上ある液晶テレビを推奨致します。

 


テレビを見る満足度を高めることができる!


    BS放送やCS放送をみることでどれだけ満足ができるのか考えましょう。


    お金を余分に支払って契約するので、自分が見たい番組が沢山あったり家族が喜んでくれたり新たに好きなものを見つけたりしたいですよね?

    有料で契約して見ることができる番組の種類としてはスポーツ試合、映画、海外ドラマ、音楽番組、ライブ、子供向け番組、など通常の地上デジタル放送ではほとんど放送されないものです。


    こういったものに少しでも興味のある方は見たい番組のバリエーションが増えて、非常に満足感と充実感を感じることができるのではないでしょうか。

 



  コストに関して

    

    BS放送とCSデジタル放送を見るための工事や月々の料金などはどれくらいかかるものなのかご存知でしょうか。

    アンテナの価格は大体5,000円前後と考えてよいでしょう、工事費用を含めても1万4千円から2万円前後というのが相場になります。


    月々のコストですが、民放のBS放送であれば無料で見ることができます。

    別途、音楽番組や映画、ライブ、スポーツ番組、などを見たいという場合は有料チャンネルを契約をする必要があります。


    放送局にもよりますが高くても2500円ほどの料金で契約することができるので、この価格で日々楽しめるとすると割安と考えることができる人も少なくないのではないでしょうか。


    このように、BS・CS放送を導入するには通常よりは多少の費用がかかりますが、それ以上に満足をすることができるのではないでしょうか。


    非常にバラエティに富んだ番組を見れて生活の充実度は高くなりますし、それだけ多くの番組を見ることができる割には費用そこまでかからないと言ってもいいかもしれません。


    アンテナ設置自体もそこまで手間のかかることではありませんので、BS放送とCS放送の導入を迷われているのでしたら一度加入してみることをお勧めします。

閲覧数:0回0件のコメント