検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

4K8K放送の流れ



    電気に詳しくない方でもテレビのニュースなどを見ていて4Kや8Kという言葉は聞いたことがありません?


    画素数が前まで一般的に見られていた2Kの放送よりも多いので、はるかに綺麗な映像を見ることができます。

    これらの放送は2018年末から開始されましたので一般的となる時代はもうすぐやってくるのですが、今使っているアンテナはどこまで対応しているのか知りたいですよね?

 



  4K8Kは何か?


    普段テレビで見ることができている地デジやBS・CSなどの放送は一部の例外放送を除いて2Kと呼ばれています。


    これは画面の画素数が1920×1080の約207万画素のフルハイビジョンのデジタル映像のことを2Kといいます。


    Kは1000の略で水平方向の画素数が2000に近いことから2Kと呼ばれます。

    4Kや8Kはスーパーハイビジョンと呼ばれ2Kより画素数がはるかに多いので、今の画質よりもとても綺麗な映像を見ることができるんです。


    画素数を比較すると4Kは2Kの4倍、8Kは2Kの16倍にもなっています。


    今後は4Kや8Kのでの放送に移行するとも言われているため、最近では対応したテレビやDVDなどもどんどんと出てきています。


    映画、スポーツ番組、音楽番組、など臨場感を味わいたい番組を見るにはとても良い番組ではないでしょうか。


 



 

  古いアンテナで4Kや8Kは見ることが出来ないのか?


    今見ることができている地デジ放送は1つのチャンネルあたり6MHzの帯域を占有していますが、4Kや8Kの衛生放送を受信する場合には3224MHzの帯域が必要になります。

    今まで販売されていたテレビのほとんどは受信できる周波数帯域が2602MHzまでとなっているため、4Kや8Kの放送を見ることはできません。


    そのため4Kの放送を見ようと思った場合には3224MHzまでの周波数に対応したテレビ受信機器を用意することが必要になるので、今までのBSアンテナでは見ることができないのです。

 



何を用意すれば見ることが出来るのか確認しよう!


    4Kや8Kの放送を見るためには用意しなければならないものがいくつかあるんです。

    ・受信機となる4K8K対応のテレビ


    ・4K8K放送に対応したBSアンテナ


    ・4K8Kに対応しているチューナー

    上記の3つが必要です。

    4K8K放送はこれまでの右旋円偏波ではなく左旋円偏波を使用するので、受信するためにはあらたに左旋円偏波に対応したBS・110度CSアンテナが必要です。


    周波数に関しても今までの帯域は2071MHzまでですが4K・8K放送では3224MHzとなるためブースター、分配器、テレビ端子、なども全てその周波数帯域に対応したものでなければなりません。

    4K8K放送を見るにはテレビだけでなくテレビの台数が複数であれば対応可のブースターや分配器が必要で、4Kや8Kに対応したコンセントの差し込み口がなければいけません。

    いざ見ようとした時に困らないよう、事前の準備をしっかりとしておきましょう。

 



  今のアンテナでも見ることが出来る方法がある!?


    4Kや8Kの放送は周波数の帯域が現在よりも拡張されるため、テレビやアンテナやチューナーなどそれに対応した機器を用意しなければいけないと言われてはいますが全ての4Kや8K放送についてではないんです。


    4K8K対応前のBSデジタルアンテナで受信することができる周波数の一部でも4Kの放送が開始される予定なのです。

    現在のアンテナで受信できる範囲で4Kの放送を見ることができればいいという方は現在のBSデジタルアンテナでも十分に楽しむことができるようになってきています。


    今後新しい周波数の放送が増えてきて見たい番組も沢山あるようであれば、それに応じて新たなアンテナやチューナーを準備するなど設備を整えていけば良いでしょう。


    今後本格的に広がりをみせる4Kや8Kの放送を見るためには現在のアンテナで見ることができるものもありますし、見ることができないものもあります。


    完全に全ての機器を4Kや8Kに対応のものに移行するには非常に多くの費用がかかってしまいますので自分の見たいと思う番組の範囲に合わせて、必要なものを徐々に揃えていくようにしましょう。

閲覧数:0回0件のコメント