検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

地デジアンテナ、BSアンテナ、CSアンテナ



    BSアンテナとCSアンテナはどちらも衛星放送と言われておりましたが、地上デジタル放送導入後はBS、CSとそれぞれ別の名で呼ばれております。


    この2つの衛星放送に関してはどの様な違いがあるかご存知ですか?


    番組が異なりアンテナ配線にも違いがあります。


    ちなみにこの2種類をふまえて、地デジアンテナとの配線も比較してみましょう。


    分配器がいくつか必要になる可能性もあります、取り付けを考えている場合は分配器を余分に所持するのも良いでしょう。

 


    BS放送CS放送というのは番組が違うだけだと思割れますが放送される衛生が異なる仕組みになっています。


    BSは放送衛星、CSは通信衛星から電波をキャッチして番組を放送しています。


    放送衛星は放送自体がメインなもののため、地デジと同じ様にドラマやニュースを提供している事が多いので、ハイビジョン、高画質を推しているものになります。


    通信衛星に関しては通信自体を中心にしているので、芸術的な番組やスポーツ番組、ドキュメンタリーとのような特化された番組が多いのが特徴です。


    名前だけが違うと思ったら、内容自体も違ってくるのは中々知りませんよね?


    もし、両方みたい場合はアンテナ設置の際にどちらも受信出来るアンテナにすると両方の衛星放送を見ることができるのでどちらにも対応できるアンテナ製品を選ぶと良いでしょう。


    CSに関しては契約が必須なので設置しただけでは見ることはできません。

 


    次は地デジとの違いになりますが先ほど言及した通り、通信衛星は契約しなければ視聴出来ないのでその違いはハッキリしていますよね?


    ではBSと地デジの違いは何になるでしょうか?


    アンテナ配線は大きく異なります。


    ・地デジ     アンテナを設置して分配器などを通し配線する。


    ・放送衛星    専用のアンテナが必要です。


    CSも原理は一緒で、地デジの配線に新たなアンテナを追加するとイメージすると丁度良いかもしれません。


    ちなみにアンテナはよくご存知のパラボラアンテナになり、これをブースターで接続しなければいけません。


    ブースター接続でアンテナ配線をしたら、分配器に接続してそれぞれの回線を分ける必要があります。

 



    

    放送している衛星の違いと契約の有無、またBSとCSの違いについて理解して頂けたのではないでしょうか。


    もう一つ重要な事項としてそれは各サービスのアンテナ配線の違いがあるのですが、アンテナの種類も異なります。


    配線に関しては大体は同じですが接続する機器が異なります。


    間違えると見れなくなるので要注意なところです。


    地デジアンテナをブースターを使って各サービスのアンテナへ接続するところまでは同じです。


    ブースターにはそれぞれ決まった専用差込口があるので注意したほうがいいです、ブースターに接続した後はチューナーへ接続して最後にテレビの差込口に接続すれば問題ありません、ただこれも専用の差込がついているので必ず確認しましょう。

閲覧数:1回0件のコメント