検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

コンパクトなポータブルアンテナを視野に入れてもいい!?



 

   ポータブルアンテナを利用して大げさな工事をせずに地デジ視聴を楽しむためのポイントは何か知りたくありませんか?


    メリットとデメリットはどのようなものがあるのか、最適な視聴環境とは何なのかなどの特徴についてみていきましょう。

 



   テレビは電波が大事と知ってるけど・・・


    地デジの電波は遮るものがあると電波が届きづらくなる傾向があります。


    室内でアンテナを利用する場合は受信電波がどうしても弱くなり、安定性に影響が出てしまいます。


    屋根裏も建物の室内であり周囲が壁に覆われている状態なので、そうなると電波も弱くなる傾向があります。


    この条件では中~弱電地域では特に不向きになる可能性が高まりますが、都市部などの強電界地域では電波自体が強いので壁に囲まれている屋根裏環境でもある程度の電波は得ることが出来ます。


    ポータブルアンテナは屋外のものより指向性が少なく、設置位置や方向を限られないので設置も限られない点が優利であります。

 



   設置も簡単で便利


    ポータブルアンテナはコンパクトの割に感度が良くて、八木アンテナのような魚の骨タイプのように強い指向性もありません。


    設置時に電波塔方向を意識した方向や角度などをあまり気にせずに済みます。


    高感度でもあるので一定量の値が得れる屋根裏部屋などでスペースが少ない場所への設置にも最適なアンテナになります。


    アンテナ設置で一番難しいのが設置位置で、どうしてもテレビ電波を発信する電波塔に向ける必要があります。

    ポータブルアンテナは全体的に受信できる指向性の低い使用になっているので優利になりますで、この小型で高い性能はある意味で設置場所を選ばないオールマイティなアンテナになりますので選ぶ対象に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 



   値段もお手頃


    ポータブルアンテナはサイズもコンパクトで価格もコンパクト、低価格で高性能なハイコストパフォーマンスのアンテナといえます。


    因みに千円台からあり、価格帯も千円~5千円台に集中しています。


    設置も含めて簡単なのでとても有効なアンテナとなります、小型アンテナと接続用のケーブルや端子で1万円以内に納めることも可能になります。


    手軽さもあるので条件さえ良ければ利用してみるのも良いでしょう、実際に小型アンテナを設置する部屋の電波状態はしっかりと確認が必要です。


    買う前に調べる方法としてはワンセグの受信状態でどの程度なのかは確認できますが、ワンセグもまともに視聴できない電波環境であれば設置は難しくなります。


    ポータブルアンテナは室内用として考えれば良く、設置も個人でできてしまう唯一のものでしょう。


    置き場もご自身で考えてどの程度のケーブルなのかを把握すれば良いわけです、電波の強弱を調べて設置の可否を最初に判断をしてください。


    設置ができない可能性もでてきますが、ワンセグなどの受信状態をみて設置が可能であれば一番費用を使わすに手軽にテレビを見れるようになるのです。

閲覧数:2回0件のコメント