検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

アンテナを見た目重視にする場合は!?

   


    

    一般的にはテレビアンテナは屋根やベランダに設置するというものだと思われていますが、住宅の形や外観によっては合わないお家もありますので、そんな時に選択肢の1つに入れて欲しいのがデザイン性の高いテレビアンテナになります。


    パッとみただけではテレビアンテナには見えないので住宅の雰囲気を壊す事はありませんが、デザインアンテナを設置するにはいくつか気をつけなければいけないところがあります。


    デザインアンテナの種類によっては電波感度が弱くなったり、電波を受信するために、設置する場所に拘らなければならない可能性があります。

 




   メリットは目立たなくさせること!


    ヨーロッパ風住宅など個性のあるデザインの住宅だと屋根上にアンテナを設置する事で雰囲気を壊すことが嫌だと思ってしまうこともあるでしょう。


    ベランダも見栄えで雰囲気を壊してしまいますし、屋根裏のスペースへ取り付けようとしても電波の関係で不可になったりする場合は思い切ってデザインアンテナを設置するのも選択肢に入れることもアリではないでしょうか。


    デザインアンテナも種類が豊富なのでそれぞれの住宅に合うアンテナが見つかる可能性も高いです。


    デザインアンテナの種類で人気なのは壁掛けタイプで、薄型で目立たないので壁に設置しても気にならないのと設置も比較的簡単にできるのがメリットです。


    家のライトの様な形をしているタイプや六角形で一見アンテナには見えないものも多くあり、お家の色にあわせやすいように様々なカラーを揃えている会社もあります。


    通常のアンテナ設置で外観が気になる場合や、屋根上やベランダへ設置するのが嫌で、出来る限り目立たないように設置したい方はこの様なアンテナを利用するのも良いのではないでしょうか。

 




   デメリットはコスト!?    


     デザインアンテナのメリットはお分りいただけたと思うのでデメリットになりそうなところも見ていきましょう。


    デザインアンテナは従来のものよりも値段がやや高めな点が気になりますね、従来の魚の骨の様なアンテナは3千円〜6千円位で購入出来てもデザインアンテナの場合は8千円〜1万6千円が多いところでしょう。


    結構違いますよね?


    アンテナを業者へ依頼した場合はそれだけ金額が加算されますし、場所によっては更に工事の工賃が高くなってしまうことだってあります。


    設置する場所を選ばなければいけない点も注意が必要で、従来のアンテナの設置場所が屋根上やベランダであるように、このデザインアンテナの場合は外壁やバルコニーが主になります。


    タイプも数種類あるので、どのタイプが適しているか確認しなければいけませんし、設置しやすいのは確かですが、その設置しやすさがあるからこそ場所の融通が効かない可能性もあります。


    アンテナ工事の会社へ細かい所も含めて相談し、この家のタイプだとどのタイプが適しているのか確認してみるのがいいのではないでしょうか。

 



   要注意点

    

    アンテナ設定に関して注意点があり、電波の感度については特に注意したいです。


    従来のアンテナよりも小さくてコンパクトなものが多いため、アンテナによってはうまく電波を受信しないケースも実際あります。


    機器自体は問題なくとも設置場所が限られている為、向きや方角によっては問題なくテレビが見れるレベルの電波をキャッチしない場合もあります。


    ブースターを設置すればこれは解消できますが、ブースター自体も目立たない様にしなければなりません。


    デザインアンテナにブースターが内蔵されているタイプもありますが、外付けのタイプと比べるとやはり感度はよくないのが実情です。


    デザインアンテナ工事依頼の際は必ず入念な電波強度の信号確認をお願いしましょう、アンテナの設置に向かない場所もあるので必ず好きな場所に設置出来るとは限らない点が要注意でもあります。

閲覧数:0回0件のコメント