検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

アンテナの故障を修理したい場合!!




   

 古くなったテレビアンテナの処理方法は交換、修理、撤去があります。


    費用の面で違いがあるため、よく見きわめた上で状況に合った方法を選んでいきましょう。

    新品に交換するよりも修理で済ませたほうが費用をおさえられることがあります。


    引越しの際にはアンテナを撤去する必要がありますが、その場合の費用も設置の段階から考えておくのもいいのではないでしょうか。


    それぞれの費用だったりポイントを押さえておきたいですよね?

 



定期的なチェックが必要!


    突然テレビが映らなくなるということが起こらないように、定期的にアンテナの調子をチェックするのもいいかもしれません。


    チェック方法はタイプによっても変わり、八木式アンテナの場合は本体よりも固定金具の方が劣化するケースが多い傾向があります。


    屋根上に設置するタイプがメインなので雨風にさらされやすく、どうしても劣化が早く進んでしまうことがあるんです。


    劣化がはっきりとわかる場合は至急、金具を手で触ってみて固定が甘くなっている場合は早急なメンテナンスを行いましょう。

    固定が少しゆるくなっている程度であればご自身で対応でも間に合いますが、表面がサビていたり明らかに腐蝕している部分がある場合は撤去と新品への交換をしなければならないこともあります。

    壁面設置タイプが主流のデザインアンテナはサビや腐蝕による影響が少ないですが、内部にホコリが溜まることによる感度の劣化が起きやすいのでこちらも定期的なチェックが必要です。

 



アンテナ修理

    

    アンテナ修理する際はまず故障の原因を突き止めるために、状況を把握することから始めます。


    台風による傾倒や被雷によりアンテナ本体が破損した場合は、状態によっては立て直して角度の調整を行い破損箇所の部品交換で修理する必要があります。


    破損の状態が酷ければアンテナの交換を余儀なくされることもあります。

    気象に関係なく不調をきたした場合は同軸ケーブルを繋ぐ部分の故障か接続不良が考えられます。


    分配器やテレビのプラグやコンセントの不具合もありえますので、手が届く範囲内のことは確認してみたほうが良いのではないでしょうか。

    一戸建ての家のアンテナは屋根上など高所での作業になるので、危険回避の意味でもプロにお任せしてしまった方がいろんな点でいいかと思います。


    プロはテスター類を駆使して不良箇所を特定し、判断するのでより早い復旧が望めます。

 



  原因がテレビ端子の場合

   

    アンテナに異常がなかった場合はテレビ端子からテレビの背面にある端子までに接続不良がないか確かめてみる必要もあります。


    緩みや脱落がないか、ケーブルに劣化や破損がないか、チェックしてみてください。


    一端子から地デジとBS・CSを受信している場合は、壁からテレビまでの間に分配器を使用しているのでその不具合も考えましょう。

    テレビ端子の接続に不具合があった場合は業者に頼まずにDIYで修理することも可能です。


    家電量販店やショッピングモールなどの家電売り場などで、テレビ端子や分配器を様々に組み合わせた同軸ケーブルが販売されているので用途に合わせて用意が可能になってきています。


    定期的に配線や接続をチェックをしてトラブルにならないようにするのも大事です。

 



  

  依頼した場合のお値段は?


    思いつく範囲内で何とか修理してもうまく行かない時は、無理をせずにアンテナ設置工事会社にお願いするも良いでしょう。

    この時も知り合いの電気店や会社があれば心強いです。


    アンテナの故障具合によっては新しいものを購入することになりますので、知り合いのアドバイスやネットでの口コミを参考にして正しい会社選びをしたほうが良いでしょう。


    費用は本体価格によっても異なりますがアンテナを交換の場合は2万円前後から5万円前後、テレビ端子を修理した場合は部品代も含めて5千円前後から2万円前後が多いです。

    屋根上のアンテナを修理する場合は屋根修理の会社に頼んだほうがお得になる場合もあります。


    アンテナの修理は緊急性の高いものなので依頼するところはきちんと決めましょう。

 



費用を割安にするためには

    

    テレビアンテナの交換費用は本体価格だけでなく、周辺の固定金具なども同時に取り替えることになるため部品の費用も必要になります。


    費用を少しでも抑えるのであれば、同じ業者に全て工事を依頼するのが安く済みます。

    アンテナ設置をした時と同じ業者に交換依頼するとサービスや保証として工事代金や部品代を割り引いてくれたりもするでしょう、安い費用で依頼できるのでお得です。


    割引が受けられない場合も新規工事であれば必要となるオプションを無料にしてくれる業者もあるので、アンテナを設置する段階で業者によく確認するのをオススメします。

    安く抑えようと交換部品を最小限にする人がいますが、あまり得策ではありません。


    部品の劣化は進むものであり古いものと新しいものを併用すると新しいほうに過度な負担がかかり、すべての部品を同じタイミングで交換したほうがトータルで手間と費用を削減できます。


    テレビやアンテナに限らず家電製品の故障は突然起こってしまうものです。


    いざと言う時に備えて身近で評判の良いアンテナ工事の業者を知っておくのも大事なことではないでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント