検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

アンテナと光回線!



   

    テレビ放送のデジタル化が浸透して等しい時代ですが、アンテナ工事かケーブルテレビか光回線かと多くの選択肢の中から多くの情報を収集して決定するということをされた方も多いのではないでしょうか。

    地デジが当たり前になった今、子供の成長や生活スタイルの変化に合わせて1度見直す良い機会かもしれませんね。


    地デジアンテナと光回線を比較して賢い選び方をしてみましょう。

 

 


  アンテナの種類  


    テレビを見るための電波は送信所からの距離や周辺の地形によって強さが変わります。


    強電解地域といわれる送信所から近く電界強度の強い地域では室外・室内にかかわらず全ての種類のアンテナを設置する事ができるんです。


    逆に弱電解地域といわれる強度の弱い地域では素子数の強い室外用の骨組み型のものを設置する事で電波を受信する能力を高めることになります。

    素子数とは過電流に反応する電極の数であり、素子数が多いほど受信感度が向上します。


    多く利用されている骨組み方のアンテナは電波の強弱にかかわらず利用できサイズも設置環境に合わせて選べるので、フレキシブルな利用が期待できるでしょう。

    ただスタイリッシュとは言えないので外観にこだわりがあって弱電解地域以外にお住まいなら、平面型やデザインアンテナといった外観を損ねない物を選べる選択肢もあるので候補として考えて見るのもいいのではないでしょうか。

 


   光回線でテレビを見たい場合は!


    一軒家で光回線サービスが提供されている地域であればプロバイダーと契約し、回線の引き込み工事を依頼すればすぐテレビを見れるんです。


    マンションやアパートなどの集合住宅の場合は事情が違って、住宅の管理の方に工事の許可を取れるか確認しましょう。

    すでに集合住宅で共有サービスと契約している場合があるので個人で別プロバイダーと契約してしまうとコストが余計にかかってしまう恐れがあります。


    集合住宅のネット環境については入居前にしっかりチェックしましょう、途中から集合住宅で導入する場合は管理の方から何らかの案内がありますので予定の有無も確認してみるのもいいかもしれません。

    ユーザーの増加にともない光サービス提供地域は拡大傾向にありますがは提供されている地域でなければ利用できませんので、地デジのように日本全国どこでも見ることができるというわけではありません。


    プロバイダーに問い合わせても導入が難しい場合は、地デジアンテナの新規設置も検討することをオススメ致します。


 



  メリットデメリット 


   光回線でテレビを見る場合の最大のメリットとしてインターネット回線で見ることができるので、すでにインターネット回線を契約している場合はアンテナ工事が不要なのでお得という所になります。


    地デジアンテナからの経由と異なり、電波障害や周辺環境の影響を受ける事が少ないために情報伝達するスピードが速いのでいつでもクリアな画面でテレビを見ることが可能です。


    オプションで地デジでは見られないチャンネルを見ることが可能というのも光回線のメリットだといえるのではないでしょうか。

    デメリットとして考えると初期のアンテナ工事のコストがかからなかったとしても、光回線に加入後は月々の料金を払い続けなければいけません。


    無料で見られるチャンネルしか視聴しない人やインターネットの利用をしない人は逆に費用面で割高になる可能性があります。


    日頃のテレビの視聴状況で、どちらを選んだ方が合っているのが見ていきましょう。

 



コストの確認


    地デジアンテナと光回線費用を比較してみましょう、新しくアンテナを設置する場合はアンテナの代金と工事代の初期費用のみで番組を無料で見ることが出来ます。


    アンテナの代金は物により異なりますが安いものなら2千円前後からで平均だと8千円前後の物が多く、高いものになると3万円から5万円前後です。


    工事費は取り付け・分配工事・分配器・ブースター工事・取り外し工事等を全てあわせると5万円前後かかるとみておきましょう、保証があるところも多いですが故障した際のメンテナンス料がかかる場合があります。

    光回線はネット回線をすでに持っていれば初期費用はかかりませんが、新規加入する場合は1万5千円前後かかる場合もあります。


    ネットの回線使用料月々4千円〜6千円前後とテレビの視聴料月々6百円〜千円程度をずっと払い続ける事になります。


    月々の基本料金はマンションか戸建てかによって異なりますし、転勤が多い職種の人にとってはネット環境さえ整っていれば日本中どこに行っても好みの番組が見られる光回線が強い味方になるのではないでしょうか。

    ここまで地デジアンテナか光回線かで比較して検討しましたね、どちらにもストロングポイントとウィークポイントがあります。 


    最も重要なことはどのようにテレビを利用するのか、というところでしょう。


    地デジのみでなく、BS・CSの視聴可能なチャンネル数をどのように利用したいかも考えると良いのではないでしょうか。

閲覧数:1回0件のコメント