検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

アンテナ、光、ケーブル、新築にはどれを選ぶ?



    新築でテレビを見るために何を選ぶのか考えていますか?


    スマートフォンの普及率も高くなり電気も自由化されている今はサービスをすべてひとつの会社にまとめると割引率も高くなり、節約になる事が多いです。

    単純にアンテナ設置するというのなら初期費用がかかるだけでその後の費用はほとんど必要なくなるというのもあるので、長い目で見た場合のメリットとデメリットも確認しましょう。

 



   アンテナ設置パターン


    文句なしに電波感度が一番良い屋根の上に設置するタイプのアンテナは工事費用が必要なだけで基本的にそれ以上お金がかかることがないというのがメリットです。


    台風などの影響で曲がったり折れたりしてしまうこともあり、そこで修理代金がかかってしまうことが注意点になります。


    屋外の壁面に取り付けるようなものは、多少電波感度は低くなりますがそういった心配は要らないと言えます。


    このタイプは形も色もおしゃれなものが複数あるので、新築にこのアンテナを設置する人が多い傾向があります。

    屋内設置タイプのものもありますが電波を遮るものが沢山あるので受信できるかどうか心配です、きちんと電波を受信できるならランニングコストの面から見るとアンテナ設置ベストな選択肢ではないでしょうか。

 



光回線パターン


    光回線は複数の会社が参入しているインターネットサービスです。


    光ファイバーケーブルを部屋の中に引き込むためには工事が必要になるので、新築工事と併せて済ませようと考える人も多いのではないでしょうか。


    光回線は地デジ以外にもBSデジタル放送も見る事ができ、その中から見たいチャンネルを選択できるというメリットもあります。


    インターネット通信速度や各種割引きサービスを比較して自分の使い方にあったプロバイダーを自由に選ぶことができるというのもメリットですね。

    スマートフォンなどの通信機器も併せて契約すると割引の対象となり、利用料金を節約が可能になる場合もあります。

 



   ケーブルテレビパターン


    ケーブルテレビも光回線なのでアンテナより外部の影響を受けづらいというメリットがあります。


    ケーブルテレビ局と契約して地デジを見る場合は、毎月の利用料が必要になるということを忘れてはいけません。


    ケーブルテレビ局はテレビの他にもインターネット接続や電話や自由化された電気事業や通信事業まで幅広いサービスを扱っているので、これらをセット契約すればさらに大幅割引になるというメリットもあります。

    固定電話がIP電話の場合に停電になると使用できなくなってしまうという難点もありますが、その時にはスマートフォンがあれば平気という人は一度検討してみるのはどうでしょう?


    新築でテレビを見るためにいくつか方法がありますが、どの選択をしたとしてもそこにはメリットとデメリットが存在しているので違いを理解した上で自分の生活に一番合ったものを納得して選びましょう。


    設置費用だけでなく長期的目線で価格を比較してみましょう。

閲覧数:1回0件のコメント