検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

どのテレビアンテナがいいか迷っていませんか?



  地デジ化によって、昔のブラウン管型でテレビを見る事は少なくなりました。


  前まで使っていた古いアンテナは使えなくなってしまったという方もいるのではないでしょうか。


  デジタルアナログ変換で見ていた人もいるでしょうが、今はもうデジタルの時代ですよね?


  どのアンテナがいいかわからないという方も多いと思いますし、アンテナの設置工事は一般の方には大変な作業です。


  ここではテレビアンテナの種別やおすすめの理由などを紹介していきます。


 



  屋外に設置するテレビアンテナは感度が良い。


昔ながらの棒のようなアンテナが家屋の屋根についているのってまだまだありますよね?


  ひと昔前の地デジ化によってテレビが地上デジタル放送になった事で、家に昔からついていた古いアンテナが使えなくなってしまった方も結構いらっしゃったんじゃないでしょうか?

  

  また、結構アンテナを設置してから年数が経っていて、テレビの写りが悪いという方は、アンテナを交換する必要もあるかもしれません。


  屋外型のアンテナは屋内型のアンテナよりは電波の感度が良いものが多いです。


  アンテナ工事はアンテナ設置業者に頼むと高くつくと思ってしまって、今は自分で設置する方もいるそうです。


  屋外用のアンテナのおすすめとしては、軽量でコンパクトで取り付けが簡単なものを選ぶのが好ましいでしょう。


  ご自身で設置する場合の設置材料は電気屋さんやインターネットショッピングでも購入出来ますが取り外した古いアンテナは、家電リサイクル法によって処分をしなければいけません。


  ただ、取り付ける知識や技術ない場合は事故防止のため、業者に依頼した方が確実に問題なく設置できるでしょう。

 



 屋内に設置するアンテナは補助として使うと色々便利


  室内に設置するアンテナの場合は、設置する部屋の場所によってアンテナの受信感度が変わるので、ずっと見られなかったチャンネルが見られるようになるなど、色々と利点があったりします。


  データ上、窓の近くに置くと感度がより増す傾向にあります。


  室内で邪魔になる場合は、天井裏などに置いているご自宅の方もいらっしゃいます。


  設置自体も屋根に登るような事もなく、女性でも簡単に取り付けられるのもメリットではないでしょうか。


  設置する向きに注意することによって、テレビの映りも改善されたりします。


  ただ、やはり屋根等に設置されたものよりは感度が下がる傾向は否めませんので、屋外に設置したあと、好きな部屋でテレビを見たい時などに利用するのがいいでしょう。


  屋内型は、積雪の多い地域でも活躍していることが多いです。


  また、配線をなくすことができるので、配線がない事でのメリットは確かにあります、サポートとして使う分には全く問題ないでしょう。


 



 チューナーは便利


  テレビを見ることができるPCをお持ちならいいのですが、地デジのチューナーが内臓されていないPCもまだまだ沢山あります。


  テレビが見られるPC本体は高価ですし、テレビを見るためにPCを購入するという理由で買う人はそこまで多くありませんよね?


  ただ、一人暮らしだったりで、PCとテレビの両方を置くスペースがない、あまり置きたくないという人もいるのではないでしょうか。


  こういう場合は、外付け地デジチューナーを購入して設置したり、ワイヤレスのチューナーを設置すると、PCでもテレビが見られるようになります。


  家にテレビアンテナが設置してあってもチューナー自体がないとテレビは見ることができません。


  逆にテレビアンテナさえあれば、チューナーだけ購入してテレビを見る事が出来るんです。


  このようにすれば、狭めの部屋でもテレビを購入しなくて済みますので、金銭的にもスペース的にもメリットになるのではないでしょうか。


 

 ポイント


  オススメはしませんが屋根のアンテナ設置を自分でやる場合は、足元に十分気をつけて怪我のないようにしましょう。


  アンテナの感度が悪い場合や、まだ昔のアンテナしかない方、積雪や強風の多いところにお住まいの方には室内設置型のアンテナも選択肢として考えることができます。


  上記の場合、全てのケースではありませんが、今まで映らなかったチャンネルが映ることもあります。


  テレビを置く場所がない場合や購入するのは金銭的に難しいという場合にはPC用のテレビチューナーを使うことも選択肢の一つです。


  PCでテレビが見られるものもありますが、予算の関係もありますし、自分の求めているスペックとは違うこともあるのではないでしょうか。


  上記のような場合はチューナーを購入した方が安く済ませることができるのでご自身の状況を考えて色々な選択肢を持って選ぶのが適切な判断になります。

閲覧数:0回0件のコメント