検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【重要】火災保険の選び方




テレビを視聴する際に設置する地デジアンテナ!

屋根の上に設置する事が多く、強風や積雪といった、天災の影響を受ける事も多々ございます。

そうしますとアンテナが折れたり、転倒したり、落下したり。

何かと被害に合う事が予想されます。

そんな時のためにも【火災保険】こちらは非常に重要ですので、一緒に加入することをおススメ致します。


通常住宅を購入、借りる際は火災保険に加入します。

一軒家などであれば家財だけでなく建物も補償する住宅総合保険、賃貸などの集合住宅の場合は、建物は自分のものではないため室内の家財道具などを対象に保険を準備するのが一般的です。


ただ、火災保険はそれだけではなくアンテナにも有効なのです。

字面で火事を想像してしまう方も多いですが、落雷や風災、雪災などにも対応しております。



そうした災害から住宅や家財を守り、万一の際の補償をしてくれるのが火災保険です。

各家庭で適切な保険を準備していないと、万が一の際に自費だけでは修理費用を賄えないケースが増えています。

そのため火災や落雷などだけでなく、水災や水漏れ、盗難、飛来物や落下物などによる破損までも補償対象となる、住宅総合保険というものもあります。


このように住宅や大切な家財を守るために準備する火災保険ですが、意外とアンテナが対象になるというのは知られていないそうです。

せっかく保険に加入しているのに保険を使わない方や、そもそもご存じなくて保険に加入されない方もいらっしゃるので勿体ないです。


先述したように天災で保険が適応される場合もありますので、保険に加入されている方はどんな場面で保険がおりるのか?というのは覚えておいて損は無いでしょう。



ちなみに!

地震でも保証がおりる場合がございます。


建物が損壊したり、家財が壊れたり濡れてしまうなどの被害に遭うリスクが考えられます。地震の際には揺れよる落下などで家財が損壊するかしれません。さらにこれまでに起きた、大きな地震では倒壊などの被害よりも、地震が原因で発生した火災での被害が多数報告されています。


アンテナが風災や雪災などで倒壊、破損してしまい修理する場合は、補償の対象となっていれば保険金請求できます。もちろん災害だけでなく、春一番などの強風や突風などによる破損や倒壊にも適用されます。


保険を使うなんて機会はそう多いものではありません。

加入方法も使用方法もご存じない方が多くて当然です。

そのためにもまずはプロに相談し、

火災保険がどういうものなのか?

具体的にどの場面で使うのか?

いくらが上限なのか?

専門家に聞くのが一番です。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんは設置だけではなく、そういった保険の事に対してもプロフェッショナルです。

これから梅雨になり雨が多くなる季節です。


お気軽にご相談されてみてはいかがでしょう?




閲覧数:1回0件のコメント