検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【重要】台風被害の際の火災保険の使い方


自然災害によって発生する家屋の工事や、財産の保証には、火災保険が適応出来る可能性がございます。 地デジアンテナ工事も同様でございまして、適応出来る場合と適応出来ない場合を把握しておいた方が宜しいかと考えます。 地デジアンテナは、屋根やベランダなどの屋外に設置されていることが多いため、家屋の中でも自然災害の影響を最も受けやすいと言えます。 悪天候の翌日は地デジ業者の電話が鳴りやまないそうです。 風雨の影響でテレビの不具合が生じているとき、アンテナが倒壊、または倒壊しかかっていることがあります。 アンテナが倒壊してもテレビは問題なく映っている場合も多くありますが、そのために長い間、アンテナが崩れていることに気付かずにいることも多く、大変危険な状態にご自宅を見かける事もしばしばございます。



では、アンテナが倒壊した際は、まずどのように行動すれば良いのでしょうか? 災害時には、外に出て、屋根に登って工事を試みたり、倒壊したアンテナの部品を回収したりすることは、大変危険です。慌ててこのような行動を取らないようにしましょう。 また、自分で工事を行なってしまうと、保険の適用対象にならない場合が殆どなので、そのような意味でも損をしてしまいます。 アンテナの倒壊には、大きく分けて三つのパターンがあること把握しておきましょう。 1:倒壊はしたが、アンテナ自体は無傷である場合。 そういう時は向きを調整するだけで解決しますので、簡単な工事で済みます。 2:アンテナ自体が歪んだり、取り付け部分が壊れた場合。 交換必須となります。火災保険が適応されるかどうかの確認をしておきましょう。 3:アンテナが取り付けてある、屋根やベランダ自体が損傷を受け、そのせいでアンテナが倒壊した場合。 この場合は、確実に火災保険が適用されるので、そのように心得ておきましょう。 火災保険で地デジアンテナ工事を行う際、こちらが支払う費用は発生しない場合が殆どなので、是非とも活用したいところです。 便利な火災保険ですが、災害によってアンテナを損失をしたということでも、それが適用の範囲に入っていなければ対応してもらえないので、まずは自分が利用できる、火災保険の範囲をしっかりとチェックしておきましょう。 「風災補償」がある保険に入っている場合、 損害額20万~30万円以上であれば、大体適用されます。 例えば、「アンテナが取り付けてある屋根や、ベランダ自体に損傷を受けたせいで、アンテナの工事も必要になった。」という場合です。 高額な工事が必要な際にはとても助かるシステムです。 しかし、アンテナ工事のみですと20万円を超えるということは滅多に無い為、あまり意味を成さない可能性もございます。 火災保険には、免責金額を決めておくタイプの契約が存在します。 自然災害に遭って損失を被った際に、予め自己負担額を決めておくという契約です。 免責金額は様々で、0円で契約できるところもあるようです。 損害額から免責金額を差し引いた金額を、補償額として受け取ることができます。 災害というのはかなり大きなダメージを与えます。 私たちの生活とメンタルに、大きなダメージを与えるものです。 TVが見れないというだけでもだいぶ不安になったり、生活に不便さを感じる事でしょう。 そのために、火災保険に入っておくこと、保険の知識を持っていることは、大いに役立ちます。 ただ、やはり一般の方が保険の知識もアンテナの知識も身につけるというのは大変な事ですので。 保険に加入だけしておいて、何かあった時はすぐプロに相談!というのが望ましいかもしれません。 当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、火災保険にも精通しておりますので、安心してご相談可能でございます。 ぜひご参考までに!!




閲覧数:1回0件のコメント