検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【緊急】アンテナ工事での火災保険利用方法



過去何度か当ブログでも火災保険の適応について書かせて頂いておりますが、

ゲリラ豪雨や落雷の時期になり、

急な不具合/故障が発生してしまったご家庭が増えてきております。

火災保険を使う事が正しいという事は私には申し上げられませんが、

せっかく保険料をお支払いされているのであれば、

不正に使用するわけではありませんし、当然の権利として、

火災保険をご活用された方が金銭的にも負担が軽くなりますし、

便利なものだと思います。



修理ならともかく『交換』になってしまうと、

費用もそれなりに高額になりますから、保険適応される場合は、活用した方が良いのかもしれませんね。

活用の際の注意としては、

アンテナ修理で火災保険が使えるのは、自然災害による故障の場合!!

となります。簡単に言うと、台風や積雪などの自然災害が原因の場合にしか、火災保険は使えません。


アンテナは建物の付帯物として、

風災などの自然災害の補償対象と認められることがほとんどですが、

自然災害以外の経年劣化による故障の場合は保険適応外となります。


また、ご自身がご加入されている保険会社さんや契約内容によって異なりますので、

まずは保険会社に電話してみるのが一番でしょう。

アンテナが壊れた状況を保険会社に伝え、

修理費用が保障されるかどうかを確認してみて下さい。

保険で費用を一部負担なのか、全額負担なのか。

そういったことが確認取れると思います。


マイホーム戸建てでしたら、上記の通りで良いのですが、

もし賃貸に住まわれている方や、ご自身でアンテナ設置をされた方などは少し変わってきます。

賃貸の場合は大家さんやオーナーさんの所有物になりますので保険会社ではなく、

オーナーさんに相談してみましょう。

所有者がご自身で無い場合は、そもそもご自身が費用負担することがありませんので、

オーナー様が独自の保険活用や費用負担をする形となります。


前回アンテナを設置する際、ご自身で設置をされていた場合は、

保険の適応外になる事もございますので、

必ず保険会社さんに自分で設置した事も伝えておきましょう。




正直なところ簡単な修理であればご自身で治せたり、特段資格などが必要というわけでもございません。

ただ、やはり高所での作業になりますし、

工具や材料を落下させてしまったら大事故に繋がる事も考えられます。

そんなリスクをわざわざご自身が背負う必要もございませんので、

速やかに専門業者に依頼された方が宜しいです(#^.^#)

業者さんに設置してもらえれば業者独自の長期保証などもございますので、

費用は発生するものの、お客様にとって有益なことも多いので業者への依頼をおススメしております。


そして!!業者に依頼する際は火災保険が適応されるかどうかも確認しておきましょう。

そうすれば費用も負担してもらえますし、急な出費に怯える事も無いかと思います。

実際、保険会社に連絡をしたり手続きをしたり面倒なものです。

当ブログで紹介させて頂いた業者さんであれば、

保険手続きにも慣れたスタッフが多く在籍しているので、そういった面倒なお手続きもサポートしてくれる事でしょう。


台風や地震、落雷などの自然災害による被害については、

火災保険を利用しつつアンテナ専門業者へのご依頼を推奨しております(#^.^#)

当ブログが参考になりましたら幸いでございます。



閲覧数:0回0件のコメント