検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【盲点】お子様の有無でテレビのサイズが変わるってご存じですか?



カタログや量販店などで、テレビサイズのお勧めや選ぶ基準など書かれている事が多く、

テレビのサイズとそれに応じたテレビとの距離(視聴距離と言います)は各TVメーカーが基準を示していますが、

これらはあくまで、最も美しく、迫力のあるテレビの映像が見られる距離のことです。

工事業者目線だと、これらの基準は実情と比べると大きめ、近めの基準だと言われる事が多いです。。

大手メーカーの基準ですと下記のように記されておりました。



サイズ 画面の高さ 部屋の広さ 視聴距離

32V型 約39cm 4.5畳未満 約1.2m

40V型 約50cm 4.5~6畳 約1.5m

43V型 約50cm 4.5~6畳 約1.5m

46V型 約57cm 6畳 約1.7m

49V型 約60cm 8畳 約1.8m

52V型 約65cm 8~10畳 約1.9m

60V型 約75cm 10畳以上 約2.2m

70V型以上 約87cm 10畳以上 約2.6m


どのメーカーにおいても、液晶テレビの視聴距離はテレビ画面の高さの約3倍とされ、

昔のブラウン管よりも視聴距離が短くても画面が荒くならないとしています。

以前のブラウン管時代と比べると、どれほど近づいても画面が荒くならず、

テレビの厚さも薄くなることで場所を取らないため、大型液晶テレビを購入されている方が多いです。

ですが実際のところ、10畳以上の広いリビングでも、

ほとんど60V型以上のテレビを見かけることはありません。

お友達でも60V型以上のテレビがリビングにあるご家庭というのは数少ないのではないでしょうか?

平均すると、46V型・49V型が一般的で、43V型以下も少なくありません。




4Kテレビは、フルHDテレビと比べて視聴距離は約半分が目安とされています。

4Kテレビについても、弊社の担当の実感としては、

やはり60V型以上を見かけることは滅多になく、

結局、46V型・49V型が一般的なサイズになるデータがございました。


某家具メーカーのデータですと、43V型~49V型のテレビから約1.5m離れたところにソファーやダイニングテーブルを置かれている場合が多いようです。

以前は「3m離れて見る」ことが推奨されていましたが、残念ながら確実な科学的根拠はなく、アニメ番組などでも明るくして離れたところで見るようテロップが出ますが、正直なところ何m離れれば問題無いという具体的な数字はございません。

とはいえ、やはり、テレビを長時間視聴することが視力低下に一定の影響が出てしまう事は確かです。

小さいお子様がいるご家庭にとって、テレビの距離やお部屋の広さって重要です。

視聴距離についても、全く無関心でいることはできないかと思います。

近づきすぎるとテレビ画面が消え、アラームが鳴る機能の付いたテレビがSONYより販売されており、

1m以内に近づくと画面が消えて警告が出るタイプのものもあります。。

意図せず画面が暗くなって警告が出ることから、利用者からは賛否両論ある機能とも言われています。

大人だけのご家庭か、お子様が居るのか。

テレビの視聴時間やご覧になる番組も子供と大人では違う事でしょう。


テレビのサイズ判断は非常に難しく、家電量販店で選んでいるときより、

購入後、ご自宅に設置してからのほうが大きく見える場合があります。

やはり量販店というのは広いスペースな店舗も多く、

実際に家に置いた時に……と皆様考えているとは思いますが、

その想像よりも1サイズ小さいテレビでも十分というご家庭も多いです。

特にテレビというのは10年に1度、15年に1度購入するもので、これまで10回以上テレビを買った!という人もなかなか居ないと思います。

広い空間の中で見る際と、ご自宅で見る際の違いを考慮してテレビを選ぶのは難しいですよね。

「量販店で勧められたテレビが、大きすぎる気がする…」という方や、

「普通の一戸建ての平均が知りたい」という方、

「お子様の年齢や家族構成」など。

アンテナ専門業者だからお伝え出来る、実践データもございます。

これからテレビの買い替えや同時にアンテナ設置などご検討されている方は、

まず購入する前に専門業者にご相談されることをお勧めしております。

その際、当ブログに掲載されている優良業者さんが参考になりましたら幸いです。





閲覧数:0回0件のコメント