top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【発見】テレビやスマホの使い方!~視聴ライフハック~



テレビを見る方法はいくつかあり、

当ブログでも過去何度かお知らせをしてきました。

コスパを考えるとアンテナ視聴がおススメなのですが、

生活リズムが様々な昨今。

スマホやPCで【番組】を楽しまれる方も増えてきました。

代表的なのはHuluやネットフリックスなどのサブスク型配信サービスです。

U-NEXTやAmazonプライムなど。その数は何十にも及びます。


一概にどの視聴方法が良いのかというのは言えず、

≪人それぞれ≫という答えしかございません。

では自分にはどのサービス/どの視聴方法が合っているのか?

少しでも当ブログがお役立て出来れば幸いです。



まず、もっとも一般的なのが「アンテナを設置」する方法です。

地上波放送と衛星放送ではアンテナが異なるため、視聴したい放送に合わせたアンテナ選びが必要です。

アンテナは設置費用がかかりますが、

ケーブルテレビや光テレビも同様に事務手数料・工事費用で2万円以上必要になることがあります。

テレビを視聴する環境を整えるには、ほとんどの視聴方法で導入費用がかかることを覚えておきましょう。

ケーブルテレビや光テレビには専用チャンネルがありますが、

アンテナを設置して観られるのは地デジと衛星放送のみです。

そのためチャンネル数は少ないというのがデメリットとなります。



次にメジャーなのはケーブルテレビ視聴です。

ケーブルテレビは同軸ケーブルや光ファイバーケーブルを敷設し、

インターネットやテレビを提供しているサービスです。地上波・衛星放送の番組の受信が可能です。

ケーブルテレビの費用は、テレビ伝送サービス工事を含めた初期費用に加え毎月3,000〜4,000円ほどのサービス利用料がかかります。

そのため、地デジ視聴のためだけにケーブルテレビを導入するのはコスパが悪くおすすめできません。

しかし、アンテナではテレビの電波が届きにくい地域の場合はアンテナを設置しても意味がないため、

ケーブルテレビや光テレビへの加入が必要になります。



自宅で光回線を利用してインターネットを使っている場合、

その回線事業者が提供するテレビサービスに加入すれば、テレビを視聴できるようになります。

光テレビの費用は、工事費を含め初期費用とサービス利用料で毎月6,000〜10,000円ほどです。

ただし、光回線に加入すればすぐテレビを視聴できるわけではなく、

光回線を使用するために敷設された光ファイバーケーブルを、映像用回線終端装置に接続する必要があります。

光回線でテレビを見る方法として、「RF方式」と「IP方式」があります。

RF方式はインターネット通信と別の波長で映像を送るため、

テレビの視聴がインターネットの速度に影響を及ぼしません。

また、インターネットが混雑していてもテレビの視聴には影響ありません。

ケーブルテレビと同じく、月々のサービス利用料がかかることからコスパの面ではおすすめしにくいといえますが、

地域によりアンテナで視聴できない方やインターネットで光回線を利用している方はオススメです。





冒頭で、どの視聴方法が良いのか人それぞれと記載しましたが、

簡単に表現をするとすれば。

■民放放送を楽しみたい方!

■あまり専門的な番組はご覧になられない方!

この2点に該当する方は、まず間違いなく≪アンテナ視聴≫がおススメです。


■月額料金を払ってでも色々な番組をご覧になりたい方!

こちらは2通りに分かれます。

サブスクの配信サービスをご利用されるのか?

ケーブルテレビなどを利用されるのか?


ご自宅の環境によってはアンテナ設置が出来ない場合もありますので、

そういった環境ですと必然的にケーブルテレビや光テレビでの視聴になるのですが、

地デジアンテナを設置出来る環境であれば、

アンテナ視聴をしつつ、配信サービスをご利用される形態がコスト的にもおススメです。


配信サービスであれば任意のタイミングで気軽に解約も出来ますし、

別のサービスへの利用変更も簡単ですが、ケーブルテレビなどの場合は解約も手間がかかりますので、

フットワークという点でもアンテナ設置はオススメ出来ます。


アンテナは高所に設置することもあり、一般の方が行うにはリスクが伴います。

当ブログでご紹介させて頂いている業者さんでございましたら、

お安く安全に、お客様に最適なプランと設置をしてくださるところばかりです。

業者さんによってはタイミングにより、アンテナ工事費用が無料というキャンペーンを行っているところもございますので、テレビの視聴方法やコスト削減などをお考えの方は一度専門家にご相談されてみるのはいかがでしょうか?





閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page