top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【発見】アンテナレベルを長期に保つ節約方法



テレビ視聴に欠かせない、地デジアンテナ。

長期的にご利用出来るとはいえ、消耗品です。

やはり10年15年もすれば劣化が進み、交換をしたり修理が必要となります。

ただ、そうなるとやはり専門業者に依頼する形になり、費用がかかってしまうものです。

10年に1度費用がかかるより、

15年に1度費用をかけた方が良いと思うのがほとんどの方ではないでしょうか。


となればやはり定期的なメンテナンスや清掃など、

ご自身で出来る事はなるべくやっておいた方がいいです!!


・アンテナ位置

アンテナが適切な位置にない場合、信号の受信が弱まることがあります。

障害物や建物の影、遠距離などが原因となることがあります。

ただ、そもそも正解の位置を知っておかないとズレたかどうかが分かりません。

今もしテレビが問題無く見れているのであれば色々な角度から写真を撮っておきましょう。

今のその位置が正解でズレていたら写真の位置に戻しましょう。


・アンテナの劣化

アンテナ自体が劣化している場合、信号の強度が低下する場合があります。

風雨や自然環境、使用年月による摩耗や錆などが原因となります。

劣化したアンテナを新しいものに交換することで、信号の強度を向上させることができます。

こればっかりは……専門業者に依頼し、新しいものに交換してもらうしかありません。。


・アンテナケーブル

アンテナからテレビまでの同軸ケーブルなどの状態が良くない場合、信号の損失が生じます。

ケーブルの断線や絶縁体の劣化なども原因となります。

ケーブル自体は家電量販店でもネット通販でも購入可能です。

低品質な同軸ケーブルを高品質なものに交換することで、

信号の損失を減らし、アンテナレベルを上げることができます。

特にシールドされたケーブルを選ぶことで、外部からの干渉を防ぐことができます。

今ついているものと同じものを購入し、付け替えるだけでOKです!

それだけでだいぶ延命出来ますので、業者に依頼し新しいものに交換するより断然お得です。






アンテナレベルが改善されない場合には、アンテナやケーブルの接続を確認し、

劣化や断線がないかを確認してください。また、周囲の環境や障害物の影響も考慮しましょう。

アンテナ向きの調整や位置の微調整など、少しずつ試してみることが大切です。

テレビの設定メニューからアンテナ信号の強度や品質を確認できる場合もあります。

トラブルシューティングにも注意しながら、アンテナレベルを上げることで、

クリアな画質と安定した受信を実現することができます。

ただし、アンテナレベルの向上には試行錯誤が必要な場合もあります。

環境や設置条件によって最適な方法やアンテナの位置が異なる場合がありますので、慎重に調整してください。



ご自身で出来る限りメンテナンスをすることで費用をおさえることも出来ますし、

長期的に利用が可能になる場合があります。

地デジアンテナでのテレビ視聴の一番の特徴はコストパフォーマンスの良さにあります。

なるべくなら同じ物を長期的に使えるように可愛がってあげてください(#^^#)

万が一、どうすることも出来ない場合は当ブログでご紹介させて頂いている業者さんであれば速やかに安価で対応してくれますので、その際はぜひ一度ご相談されみてはいかがでしょうか。





閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page