top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【火災保険】雪の時期だからこそ正当に正しく保険を活用しましょう!



地域差はございますが、雪が毎年振る地域というのは多数あり、

台風(風災)などの強風でテレビのアンテナが倒れた場合、

家財と建物を補償する火災保険で修理費用が補償されます。

しかし、テレビアンテナの修理費用が火災保険で補償されない場合があるので注意が必要です。


テレビのアンテナは屋根にあるため、台風などによる影響を受けやすいです。

万が一壊れてしまうと、テレビ視聴に影響が出てしまい、小さいお子様がいらっしゃる家庭だと、

テレビが無いというのは何かと不便なものです。

災害被害の場合は火災保険で修理費用の補償範囲である場合が多いです。

費用負担なしでアンテナの修理ができる場合もあります。


アンテナが折れてしまったり、飛んで行ってしまったり、

変形してしまうとテレビを見ることができなくなります。

早めに修理や交換をしたいものの、急な出費で対応が出来ないというご家庭もあるかと思います。


そこで!!当ブログでも何度か記載致しましたが、

≪火災保険≫の適応が可能な場合があります。

火災保険とは、損害保険のひとつです。

台風、火災、落雷などの災害時や盗難などに利用することができます。

火災保険の補償対象となるのは、建物と家財です。

万が一、台風による水害や落雷などで建物や家具に被害が合った場合、

元に戻すためにはかなりの費用が必要となる事があります。

火災保険に加入しておけば、経済的なリスクを大幅にカバーしてくれるため、安心して毎日過ごすことができます。


火災保険で補償される建物には、建物本体と塀や門、車庫などがあてはまります。

家財には、家具や家電、衣類などが対象になります。

家財の定義は、建物内で移動が可能なもの。と定められており、

引っ越し時に動かせるもの。と覚えておくと分かりやすいかもしれません。


テレビ視聴に必要なアンテナは、建物設備なので建物に分類されます。

ほとんどの火災保険で、アンテナは対象となります。

しかし、契約内容によっては「強風や雪などで破損したアンテナは対象外」という場合もあるのでどういった保険に入っているのかというのは各々確認が必要になります。




■風災での保険適応

強い風の日や台風の風によりアンテナが壊れてしまった場合、火災保険の風災補償が利用できます。

補償としては、無料でアンテナ交換ができるケースが多いです。

被害を受けた3年以内に申請することで、補償してもらうことができます。


■落雷被害対応

落雷すると、アンテナはもちろんですが家電も利用できなくなる可能性があります。

家のアンテナに雷が落ちてしまった場合、火災保険で補償できます。

この場合、アンテナはもちろんですがテレビやそのほかの家電も対象となる場合が多いです。

コンセントを経由してエアコンなども一緒に壊れてしまう場合もありますが、

火災保険に加入しておけば安心ですね。


■保険適応出来ない例もあります!

あくまで火災保険は風災や落雷による被害のため、

経年劣化や老朽化での故障や転倒については、

保険適応されないケースもございますので、必ずしも全て保険対応とは限らない事を覚えておいてください。

アンテナの寿命は、約10年といわれているのでメンテナンスや必要に応じた修理を定期的に行う必要があるでしょう。




火災保険の適応は幅が広く、なかなか専門的な知識が無いと、

何が適応されるのか適応外なのかというのは難しいです。

アンテナ破損が生じた際は、専門家に速やかに相談し、

火災保険の適応も考えていると必ずお伝え下さい。

保険適応をお考えの方と業者さんに伝われば、保険申請用の書類や、

現地調査、写真撮影など、通常の工事とは異なる手順も生じます。

工事が終わってからでは破損状況の写真等が揃っていない場合もありますので、

必ず事前に伝える事が重要です。

個人ではなかなか申請も難しいため、

テレビが映らない、前日が悪天候だったということであれば、

専門家に一任してしまった方が自分のためにもなります。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

保険対応にも慣れたスタッフさんが多く、

知識技術に長けた工事員さんも多数在籍されているところが多いため、

降雪の冬時期だからこそ、保険内容の確認をしつつ、

ある程度業者さんに目星をつけておいた方がいいです(#^^#)

家族の娯楽のため、節約のため。

正しく正当な権利を使用していきましょう!!





閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page