検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【注意】4K8Kアンテナを設置する時の落とし穴



高画質な画像で迫力満点のTVタイムを楽しめると人気の4K8Kアンテナ!

導入を検討されているご家庭も年々増えてきております。

過去、当ブログでも何度か紹介させて頂いておりますが、

年末年始のリフォーム繁忙時期だからこそ、

4K8K放送設置の際に注意点があるということ今一度知っておきましょう。



そもそも4K8Kとは?

よく知られるようになった4K8K放送は「新世代の映像規格」と呼ばれ、2018年12月1日にスタートしました。

一般的に言われるのは格段と映像が美しくなったことですが、それは画素数がこれまでの放送とは違うからです。

ガラケーからスマホになり、カメラの精度があがりましたよね?

そんなイメージで宜しいかと思います。

地上デジタル放送などで一般的なのはフルハイビジョンですが、

こちらは「2K」と呼ばれる規格です。それに対して、4K8K放送は「4K」あるいは「8K」となっています。


分かりやすく数値に置き換えると、以下のようになります。


・2K…約200万画素(横1920×1080)

・4K…約800万画素(横3840×2160)

・8K…約3300万画素(横7680×4320)


画素というのは映像を映す際の小さな色の粒のようなもので、

4Kでは2Kの4倍、8Kでは16倍の数の画素を使って映像を構成します。

そのため大画面で見ても映像が粗くなることはなく、色彩豊かでなめらかに映ります。


また、従来よりも表現可能な色の範囲が広くなり、

さらに4K放送では5.1チャンネルサラウンド、8K放送では22.2チャンネルのマルチチャンネルサラウンドを楽しむことができます。

そのため立体感や臨場感を何倍にも感じることができるのです。

音楽が好きな方にはかなり有意義な時間となるでしょう。


この4K8K放送は人工衛星から送信された電波をキャッチすることで、テレビで視聴することができます。

しかしこれまでの地上デジタル放送で用いられている八木式アンテナや、BS・CS放送を観るときに使うパラボラ型アンテナではすべての電波をキャッチすることができません。

そのため必要になるのが4K8K対応アンテナという事になるのです。


4K放送および8K放送は、人工衛星から送られてきた電波を受信することで視聴することができます。

これはBS放送と同じです。

ただ、電波の受信方法が4K8Kは異なります。




ちょっと専門的になりますが、

放送衛星から送信される電波はらせん状に回転していますが、BS放送は右回りに回転する右旋回で送られてきます。

それに対して一部の4K放送と8K放送の電波は、左回りの左旋回で送られてきます。

そのためすべての4K放送と8K放送を観るには、右旋回の電波にも左旋回の電波にも対応したアンテナが必要なのです。


4K8K放送に対応したアンテナは、BS放送やCS放送のアンテナと同じくパラボラ型のアンテナです。

見分けがつかないため、4K8K放送対応のアンテナには「4K8K放送対応」という大きなシールが貼られています。


また!!

アンテナ以外の器具もすべて4K8K放送に対応していなければなりません。

・4K8Kテレビ

そんなわけあるか!

ってお思いの方も多いかもしれませんが、

意外と自宅のTVが4K8Kに対応していなかった。

という事例がよくあります。

必ずテレビ自体が対応しているかどうか、事前に確認しましょう。


・アンテナ端子やケーブル

このほかにも4K8K放送を観るには必要な器具がたくさんあります。

それは右旋回と左旋回で受信した電波の周波数が違うからです。

そのためアンテナ端子や、アンテナ端子とテレビを接続するケーブルも4K8K放送対応のものが必要です。





4K8K放送を好まれる方は沢山いらっしゃいますが、

なにかと準備や費用がかかってしまうものです。

非常に快適で楽しいものではありますが、まだまだハードルが高いのも事実……

そんな時は、意外と安くなる方法などもありますので、

ぜひ一度専門家に相談された方が宜しいです。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんならば安価で丁寧にご案内してくれること間違いなしです!!





閲覧数:0回0件のコメント