検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【注意】悪質業者に気を付けて!アンテナ設置の工事費用の中心は≪ブースターの有無≫



テレビ視聴に必要な地デジアンテナ。

アンテナ設置以外でもテレビの視聴方法はいくつかございますが、

今回の主役は≪ブースター≫という事で地デジアンテナを用いたテレビ視聴方法についての解説です(#^^#)


ブースターには地デジ用と従来のBS用、4K8K対応BS用の3種類があり、

それぞれに応じたブースターを使用してはじめてその効果を発揮します。


■地デジブースター

複数の部屋に電波を分けた時等、正常に地上デジタル放送を視聴するための受信レベルを確保できない恐れがあるときに使用する機器のことです。

正常に受信できない場合、ブロックノイズが入ったり、全く画面が映らなくなります。



■BSブースター

文字通り、BS放送の電波を増幅する機器ですが、

地デジ放送の電波も増幅する混合ブースターを使うことで、ブースターを2台設置しなくても、

混合ブースター1台で両放送の電波を増幅することができます。

混合ブースターは地デジブースターと性能も価格も違うので、

地デジ・BSアンテナ工事の際は混合ブースターが使われているかどうかを確認する必要があります。



■4K8Kブースター

従来からあるBSアンテナ(2K)の電波に加えて、2018年に本格的に実用放送が開始された4K8K放送の電波を増幅するための機器です。

従来からあるBSアンテナ(2K)用のブースターと性能、価格が違うため、注意が必要です。

4K8K対応のBSアンテナを設置しても、ブースターが従来のBS用のものでは、4K8K放送の電波を増幅することが出来ません。




そしてブースターがアンテナ工事費用の内訳の中で高い機材です。

ブースターを使わなくても電波環境が良いご自宅の場合は、設置する必要がありませんので、

お安く工事をすることが出来ます。

アンテナ工事の費用を左右する大きな要素の一つが、このブースターが必要か否かです。

ブースターを使用するか否かで3万円以上も料金が異なることもございます。

また、ブースターが必要なご自宅では当然設置をしなければなりませんが、

事前見積もりでブースターが≪無し≫の想定だった場合は当日の≪追加≫になります。

出来れば追加というのは無い方が良いのですが、どうしても発生してしまう事もございます。

そういった際、突然のお値段提示でびっくりもするでしょうし、

時には『悪質』を疑ってしまうお客様もいらっしゃるかもしれません。


追加工事というのはどの業者さんでも発生してしまう事がある。

というのは事前に理解されていた方がトラブル防止になるでしょう。

ただ、最初から追加工事目的の業者さんもありますので、

それは<悪質>な業者さんという判断でも宜しいかと思います。


では?ブースターをいつ使うのか?と言いますと、

複数の部屋でテレビ視聴をする時です。

アンテナで受信した電波を複数の部屋に分配するため(分配器を使用)、

各部屋に分配された電波は1台で視聴する場合と比べて弱くなってしまいます。

電波状況が非常に良い場合を除いて、ブースターが必要となる可能性が高い例です。

多くの一戸建て住宅は、ほとんどの部屋でテレビが視聴できるよう、すでにテレビ端子がついています。




また、様々な要因で電波状況が悪い場合は、ブースターの使用が必要です。

電波状況は電波測定器を使用して客観的に計測することができるものです。

測定器も地デジの電波、BSの電波、4K8Kの電波をそれぞれ計測します。

4K8Kの電波は実用運用が始まっていない現在、電波発生器を使用して測ることで正確な電波状況がわかります。

例えば、4K8K対応のBSアンテナを設置するためには、4K8K対応の電波発生器・電波測定器の両方を使用して、はじめて電波状況が確定し、ブースター使用の可否を判断することが出来ます。



ここ数年問題になっているのは、

ブースターが必要な自宅につけていなかったり、

逆に不要な自宅につけている。

そういった事で費用操作をしている業者さんも多いようです。


上記でご紹介したように、ブースターをつければいいというわけではございません。

あくまで自宅環境にあったブースターを設置する必要がありますが、

一般の素人の方が、あれこれ当日説明されてもよく分からないと思います。

本来は1つで良いブースターも、何年後かに必要になるかもしれないからと、

2つ3つ買わされてしまったという事も聞いた事があります。

悪質な業者さんの場合は、あの手この手で費用高騰を狙ってくる場合もございますので、

詳しい知識は難しくとも、最低限の相場や複数社のお見積もりというのは得ておいた方がいいです。

面倒ではありますが、何社も見積もりを取ると、

大抵業者の意見というのは足並みがそろいます。

費用も段々と見えてきますし、お客様自身も自然と知識がついてくるものです。


当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

技術と経験、お値段ともに自信をお持ちの業者さんばかりですので、

アンテナ設置を検討されている方はぜひ一度複数社にお見積もり依頼をされてみてはいかがでしょうか。





閲覧数:0回0件のコメント