検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【注意】アンテナ設置によるWi-Fiや携帯トラブル



アンテナ工事をする際、トラブルにはお気をつけを!

といってもなかなか一般の方が工事をする機会も無いかと思いますので、

業者に任せる事になると思いますが。

ちゃんと【確認】をする!

これは必ず行ってください。

アンテナ業界では有名な話しですが、

ある集合住宅で新4k8k衛星放送のアンテナ工事の後、

一世帯だけテレビが映らなくなってしまった、なんて事がございました。

原因としては、衛星放送と家庭内に氾濫している電話やwifiなどの無線機器類が起こす電波干渉の為、映らなくなったと考えられます。


また、別のマンションでは、共同アンテナを設置し、

施工した業者は在宅中の世帯に訪問して実際にテレビをつけて受信状況を確認しました。

とくに異常もなく工事は終了したのですが、工事終了後に帰宅した世帯で、テレビが映らないということがありました。

テレビが映らなくなった世帯の方は工事中不在でした。

その部屋のテレビが映らなかった原因は、室内の壁面ユニットとマンションの受信設備をつなぐ同軸ケーブルの取り付け端子の不具合のようでした。


上記の事例のように新たに設置した機器と、既に設置されている機器との不具合の為、

TVが映らなくなる。といった事がございます。

大型のマンションになれば、アンテナ設置場所から遠いご自宅だとどうしても電波信号が弱くなります。

。電波信号が弱い場合、少しでも電波信号が漏洩している箇所があると他の無線機器や電子レンジの影響を受けやすくなります。


一番分かりやすいのは携帯電話でしょうか。

何故か自宅だと電波の調子が悪い。

なんて時はアンテナが関与している場合もございます。

管理組合やオーナー様、アンテナ業者など速やかに専門家に相談された方が宜しいです。




集合住宅だけではなく、戸建て住宅でも電波トラブルというのは発生するケースがあります。

新4k8k放送を視聴するために行った右左旋対応アンテナの工事が、

家庭内のWi-Fiすぽーど低下や回線が途切れる原因だったということもめずらしくありません。

総務省が発行した「衛星放送用テレビ受信設備の施工ガイドライン」でも、

衛星放送用テレビの受信設備と、

他の無線機器が互いに影響を与えないために必要な情報が細かく示されています。


注意が必要なのが新4k8k放送のアンテナ工事で右左旋対応アンテナを設置する場合です。

ごくわずかな配線部分の乱れがあるだけで、そこから電波が漏れてさまざまな問題を起こしてしまいます。

他の無線機器が発する電波の影響も受ける場合があります。

電波漏洩の原因になっている配線部分や基準を満たしていない機器が受信設備で使用されていると、他の無線機器と電波干渉を起こします。


ネットスピードが遅くなったと感じたらアンテナが原因の場合もございます。

さらに厄介な事に、お隣様のアンテナ工事が原因で、自分の家のネット回線に影響が出る!なんて場合もございます。


もちろんこれらの例は本当にまれなケースで、そう滅多にあることではありませんが。

自宅を工事した場合、ご近所が工事した場合。

工事から数日は色々と様子を見た方が良いでしょう。

ついつい不具合が起きると、壊れたのかな?新しいのに買い替えた方が良いのかな?と思いがちですし、それが悪い事ではありませんが。

影響を受けている機器は全く問題が無く、周りが原因ということも考えられます。その場合はWi-Fiルーターや電子レンジを新しくしても解消されません。


まずは!何か異常を感じたらアンテナ業者に連絡してみましょう。

電波の事は専門的に教えてくれます。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんならば、もちろんそういった事にも詳しいので、

思い当たる事がある場合はぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか?




閲覧数:0回0件のコメント