top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【毎年被害】大雪でアンテナが使えなくなった時の対処法は?



大雪の影響でアンテナの向きが変わったり転倒し、

テレビが映らなくなる可能性があります。

雪の重みや吹雪の風が原因になることが多いです。

アンテナが転倒すると、本体や部品が風で飛んでいくこともあるので大変危険です。

物や人に当たりトラブルや大きな事故に繋がる恐れもあります。

また、屋根上に積もった雪が溶けたときに、アンテナの配線が引っ張られて倒れることがあります。

特にワイヤーが経年劣化でサビている場合は、雪の影響でアンテナが倒れやすいので注意が必要です。

屋根上設置だけでなく、壁面設置の場合もサイドベースがアンテナに積もった雪に耐えられず、曲がったり倒れることがあります。

状況によって対処法が異なりますので、一例を下記に掲載させて頂きます。



※アンテナ向きが変わってしまった:

大雪の重みや吹雪の風でアンテナの向きが変わると、電波の受信レベルが低下してしまいます。

受信レベルが低下すると、テレビ画面にブロック状のモザイクが出るなど、

テレビがキレイに映らなくなるので注意が必要です。

雪の影響でアンテナの向きがずれた場合は、業者に依頼するなどして正しい角度に調整する必要があります。

アンテナを正しい角度に調整すれば、テレビの視聴環境が改善されます。

専門業者に位置変更を依頼しましょう。



※停電時:

大雪で停電になると、中継局が機能しなくなり各家庭で電波を受信できなくなります。

中継局の機能がマヒして電波が届かない場合は、地域一帯のテレビが映らなくなります。

近隣の人にテレビが映るか確認してみましょう。

近所のテレビも映らない場合は中継局が原因の可能性がありますが、

自宅のテレビだけが映らない場合は他の原因が考えられます。

停電で中継局が機能しない場合は、停電から復旧すると電波が届くようになり視聴環境が改善されます。

この症状は待っていれば自然復旧致しますので焦らず待機していましょう。



※電波遮断

大雪の影響で電波が遮られて、テレビ映りが悪くなることがあります。

雪や雨が降っているときは、電波が減衰してアンテナまで届かないことがあります。

そのため、大雪などの天候ではテレビ画面にモザイクのようなブロックノイズが出ます。

映像が止まって視聴できないこともあります。

大抵は待っていれば自然復旧致しますので焦らず待機していましょう。

大雪が影響の場合は大抵上記3パターンが考えられます。

それ以外にも何故かテレビが映らない、映りが悪いとなると、

いくつか考えられますのでこちらも一例を掲載させて頂きます。



※アンテナ寿命

位置も変わっておらず、電波レベルも落ちていない。

けれどテレビが映らないときは、アンテナの寿命が問題かもしれません。

一般的に、アンテナの寿命は10年〜15年といわれています。そのため、アンテナを設置して10年以上経つ場合は、寿命を迎えている可能性があります。

サビや腐敗などでボロボロになっていて、電波の受信レベルが不安定なのかもしれません。

アンテナの寿命が疑われる場合は、業者に見てもらいましょう。



※コンセントが抜けている

意外と盲点かつあるあるな状況がこちらです。

掃除や模様替えなどの際に、コンセントが抜けているということが意外にも多いです。

わざわざ業者に依頼するほどでもありませんので、

まずはコンセントの抜き差しを確認してください。



※B-CASカードが抜けている

コンセントに続いて、こちらもあるあるです。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は特に多いです。

なんらかのイタズラなどでカードが抜けている場合も多いので、

コンセントと一緒にカードの抜き差しも確認してください。




≪万が一転倒してしまっていたら≫

本ブログのメインテーマにもなりますが、

アンテナが既に転倒してしまっていたら。

[必ず専門業者]を呼んでください。

個人で対処することも可能ですが、簡単なことではありません。

アンテナの向きが適切でなく、テレビ映りが悪い可能性もあります。

また、ケガや落下のリスクもあるため危険です。アンテナトラブルの対処はプロに任せるのが安心です。

そしてなるべく速やかに、

近所の人にも知らせるようにしましょう。アンテナ本体や部品が屋根上から落下したり、風で飛んでいく可能性があるからです。

本体や部品が飛んで車や家に当たると大変です。場合によっては多額の損害賠償を請求されます。

また、人に当たり大ケガを負わせる恐れもあります。

アンテナのことを事前に近所の人に知らせることで、被害を軽減できる可能性があります。

アンテナが倒れて業者が来るのが後日になる場合は「◯日に業者が対応予定です」と伝えておきましょう。


また、アンテナが屋根上から落下している場合は、

アンテナ本体や部品を速やかに回収しましょう。

落下したアンテナを放置したままだと、風で飛んでいき、他人の車や家を傷つけたり人に当たりケガをさせる恐れがあります。

軽くご自宅の周りを一周し、落ちているものは回収しておいた方が良いです。

アンテナの修理や交換は、プロである業者に任せるのが1番です。

業者に依頼するとコストはかかりますが、安心・安全かつ迅速にアンテナの修理や交換ができます。


アンテナの向きが悪くテレビ映りが悪いこともありません。

また、屋根上での作業を任せられるため、ケガするリスクを抱えずに済みます。

保証のあるアンテナ業者であれば、何らかのトラブルが起きた場合に無償で対応してもらえる可能性があります。アンテナの修理や交換は、プロである業者に任せましょう。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

適切かつ早急に安価での対応が間違い無しです!!


これからの季節、いつ何時ご自身の身に降りかかるか分かりません。

ご自宅でなかったとしても、近所の人のアンテナが倒れる事もあります。

そうした場合、こちらのブログをご覧になられている貴方様がリードして、

専門業者に依頼するようアドバイスをして頂きたいです。

なかなかアンテナが倒れるなんて事はありませんので、

実際に倒れてしまったご家庭の方は慌ててしまう事が多いです。

まず落ち着いて、ご近所の人に知らせ、落下物等を回収し、

専門業者に状況を説明し、適切な対処をしてもらってください。

ブログに掲載している業者さんであれば長期保証もついておりますので、

今後、何かあっても安心です。

現在、長年ご利用されている場合は、念のため、メンテナンスだけでも早めに相談しておいた方が宜しいかもしれません(#^^#)




閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page