top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【改築】テレビが見れない部屋でもテレビを見る方法あります!



家族が増えたり、お子様が成長されたタイミングが多いのですが、

≪テレビを見れる部屋を増やしたい≫

そういう風にお考えになるご家族のために!

テレビ視聴部屋を増やす事は可能です!!


その中でも重要な役割を果たすのが、壁に設置された「アンテナ端子」です。

しかし、全ての部屋にアンテナ端子が設けられているわけではありません。

アンテナ端子が無いとテレビが見れないのですが、

裏を返せばアンテナ端子さえあればテレビが見れるということにもなります。


アンテナ端子とは、アンテナからの電波をテレビに繋げるためのケーブル差し込み口のことです。

電源コンセントと同じように、室内の壁に設置され、

場合によってはコンセントボックスと統合されていることもあります。


アンテナ端子の取り付けは電気や配線に関する専門知識と技術が必要です。

そのため、個人での作業はおすすめできません。

アンテナ端子の追加、交換、移動には特別な資格は必要ありませんが、

誤った手順で行うと自宅の設備を損傷させる恐れや、

他の部屋のテレビ視聴に支障をきたす可能性があるため、自己作業はなるべく避けるべきです。


方法と致しましては、下記のようなものがあげられます。

・アンテナ接続

多くの場合、手頃な価格で数千円から入手可能です。

最近の傾向として、室内アンテナの性能向上が見られ、

電波受信の精度も向上しています。

製品自体もコンパクト化されておりますので、

限られたスペースにも容易に設置可能です。

ただし、電波が弱い低電界地域では、安定したテレビ視聴が難しい場合があります。

中電界や強電界地域でも、微細な状況の変化が電波の乱れを引き起こすことがあり、

した視聴が可能かどうかは実際に設置してみるまで確定的ではありません。



・ワンセグ・フルセグ機能を備えたデバイスを活用

新たなテレビ購入を検討中であれば、ワンセグやフルセグ機能を持つポータブルテレビが販売されていますので、おすすめです。

さらに、ワンセグやフルセグ機能を備えたパソコン、スマートフォン、タブレットも、テレビ視聴を可能にできる選択肢となります。

ただし、室内アンテナと同じく、実際に設置してみないとテレビの受信状況が確認できません。

特にコンクリート構造の建物内では、電波受信が制約される場合があり、

安定したテレビ鑑賞が可能かどうかは事前に判断するのは難しい点です。




・専門業者に依頼してアンテナ端子を増設

無線LANが利用できない、ケーブルの配線が煩わしいなど、

前述の方法が適用できない場合、専門業者にアンテナ端子の増設を依頼することを検討しましょう。

この方法の利点は、信号が安定し、配線が短縮されることです。

テレビ端子の増設には、地デジのアンテナをアンテナケーブルで接続し、

テレビの電波を壁のテレビ端子に伝える作業が含まれます。

テレビアンテナからテレビまでの距離が短く、

屋内配線も短くて済むため、電波の安定性が確保されます。



・無線LAN経由でテレビ視聴

部屋にアンテナ端子が無い場合でも、無線LANを介してテレビ視聴が可能です。

しかし、留意すべき重要な点は、電波の送信が認められていないという点です。

テレビ電波の無許可送信は違法行為であり、

1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

ただし、アンテナによる電波受信後の信号を、テレビやスマートフォン、タブレットなどのデバイスに転送することは合法です。

違法のリスクを抱えてまで行う必要はないのですが、ある程度知識がある方であればこちらの方法もおススメです。



・光回線の利用でテレビ視聴

光回線は、光ファイバーを介して提供される高速なインターネット回線で、現在多くの住宅で普及しています。

高速通信が可能であり、テレビ映像の送受信も可能です。

そのため、室内にアンテナ端子が存在しなくても、

光回線の利用によってテレビを楽しむことができます。

各事業者や回線により異なりますが、一般的には専用の機器を光回線に接続し、

それを専用のチューナーを通じて映像化することで、テレビ番組を視聴できるようになります。

ただし、光回線テレビを楽しむには各事業者との契約が必要です。

その為、アンテナ利用でのテレビ視聴とは違い、基本的には使用料が発生します。

毎月のコストというのがデメリットの1ではあります。




テレビ視聴部屋を増やすというのは色々な方法がありますが、

やはり一番のお勧めは専門業者への依頼です。

ご自分でやるリスクを考えると、費用はかかるものの、

プロにお任せするのが一番良いでしょう。

アフターフォローもしっかりしている業者さんが多いですし、

特に当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

長期保証や安価でのご案内など、お客様にとって有益な業者さんばかりです。

テレビ視聴部屋を増やされたいとお考えの方はまずはお見積もりや、

部屋を増やせるかどうかの相談など、

お気軽にされてみてはいかがでしょうか?




閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page