検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【推奨】4K8Kアンテナと地デジアンテナの違いとタイミング



家電量販店では「4K」と記載のあるテレビが大々的に販促されています。

「8K」放送に対応した60インチを超える大画面テレビも発売されており、

これからテレビを新しく購入する方は圧倒的な画質と臨場感を求めて4k8k対応に変えたいという方も多いのではないでしょうか。

対応TVにより、設置するアンテナの種類も異なります。

絶対に間違えないようにお気を付けください!!


最近は特に4K8KTVをご購入される方が多く、以前も当ブログで4Kについて書かせて頂きましたが、記事をさかのぼるのも大変だろうということもあり、再度追加内容も踏まえて書かせて貰おうかなと思った次第です。個人ブログですし自由ですものね(#^.^#)


ではそもそも新たな4K8Kの映像はどうすれば見られるのでしょうか?

4Kは2Kの4倍、8Kは2Kの16倍の解像度があります。

既存の地デジ対応テレビではその精細な映像を表現しきれません。

つまり既存の地デジ対応テレビで表示した場合、

放送内容は変わりませんが画質は2K(通常のハイビジョン放送)になります。

ですので注意すべきは何度も申し上げますが【4K8K対応TVを用意するだけでは4K8K映像の番組は見れない】という点です。

テレビを購入する際はチューナーが内蔵されているのか、別途購入が必要なのかは必ず確認しましょう。

テレビ設置とチューナーへの接続は個人でも比較的簡単に行えますが

アンテナ設置が必要となるとアンテナ以外に専用の機器が必要となります。

分配器、ブースター、テレビ端子や同軸ケーブル等も交換する必要があるため電気工事や電気通信工事の専門的知識が必要です。


また、ほとんどのご家庭で屋根上に設置しますので、高所の作業ともなりますし、

素人がやるのは大変危険です。

費用はかかりますが、アンテナ専門業者にお願いするのが今後のことを考えても最良でしょう。


最近ではチューナー内蔵型の4K8KTVというのも販売されておりますので、

アンテナ設置に抵抗がある場合は内蔵型TVを購入するというのも1つの選択肢でございます。

これから4K8K放送のためにテレビを購入する方は、

特殊な場合を除きチューナー内臓型モデルがおすすめです。

別に高画質を求めていない、地デジ放送だけで良いという方も、

これから地デジやネットの映像を4K画質にコンバートする機能がついている4K対応テレビが今後の主流になって行く可能性がございます。




すべての4k8k放送を視聴するためには、4k8kに対応したテレビやチューナーなどの基本的な受信設備を揃えた上で、新しく4k8k放送の電波を受信するBSアンテナを設置するアンテナ工事が必要です。

テレビのみ4k対応、アンテナのみ4k対応という状態では正常に放送を受信することはできないため注意が必要です。

また、テレビについても4k8kチューナーが内蔵されているか否かで工事内容に別途チューナー設置を含める必要があるなど金額が変わってきます。


もし、4K8Kを検討しているけれど、何も購入していない。

という状態ならばTVを購入する前に一度専門家に相談しつつどんなTVを買えばいいのか?

こういうTVを買ったらどういう工事が必要なのかなど。

話し合いながら購入するのが宜しいかと思われます☆

当ブログで紹介させて頂いている業者さんはどこも丁寧に分かりやすい説明で教えてくれますので、お気軽にご相談されてみてはいかがでしょう?




閲覧数:3回0件のコメント