検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【情報】ユニコーンアンテナの特徴やメリットとは?



アンテナ業界にも世代交代がじわじわと押し寄せている昨今。

お笑い業界は第七世代なんて言葉が数年流行っておりましたが、

アンテナは【第三世代】

2017年以降、新築住宅を中心に設置されているケースが増えています。


ユニコーンアンテナとは、

日本国内のアンテナシェアでトップに位置するマスプロ電工が開発・発売しているUHFアンテナです。

これまでアンテナ=八木式というのが、常識とも呼べるような立ち位置に存在していましたが、

ここ最近は箱型のボックスアンテナなども普及しています。

それに加えて、2017年から発売が開始されているのがユニコーンアンテナです。


第一世代を八木式アンテナ。

第二世代がボックスアンテナ。

そしてこのユニコーンアンテナと呼ばれるものが、冒頭の通り、第三世代と言われております。


ユニコーンアンテナの特徴とは?


・ポール形状で反射の少ないマット質感を採用しているため、

360度どこからみても住宅のデザインに溶け込む


・八木式同様、屋根上に設置する事が出来るので、狭小住宅でも設置が可能!


・直径14センチのシンプルなポール形状なので風の影響を受けにくい。


・1本のマストで衛星用のアンテナと組み合わせて設置することも可能。


・八木式アンテナと同等の電波受信感度を誇る


・白と黒のカラーバリエーションがあり、ご自宅の外観に合わせられる


・コネクタなどは樹脂カバーで隠れるため雨にも強い


というような特長があるのですが…

簡単に言えば、

<電波感度の良い八木式アンテナと耐久性に優れたボックスアンテナの良い所取り!>

これがユニコーンアンテナの特徴です。

アンテナというのはご自宅の上に設置すればするほど電波感度が上がると言われ、

ご自宅の一番上というのは当然屋根になります。

そのため、屋根上に設置することが電波感度が良い場所になるのですが、

見た目のフォルムが魚の骨のような形状をしているため、

見栄えがちょっと………

その点第二世代のボックスアンテナというデザインアンテナは、

見た目がスタイリッシュで、耐久性にも優れ、非常に人気を博しております。


八木式のデメリットは雨風に弱く、鳥害などにも合ってしまう事です。

その点デザインアンテナは壁面に設置することで、

天災からも守る事が出来て、耐久性に優れていると言われております。




そして、第三のユニコーンアンテナは、

円柱形のフォルムをしたシンプルなアンテナで、

風の影響を受けにくいのが大きな特徴です。

またデザインアンテナのように軒下や外壁に取り付けるのではなく、

屋根の上にも取り付けられますので受信状況に関係なく幅広い地域で使用することができます。


八木式アンテナの電波感度と、

デザインアンテナの防御力を兼ね備えた、

現代最強のアンテナとも言えます。

2018年にはグッドデザイン賞を獲得するほど見た目もオシャレです。


ただし!そんなユニコーンにもデメリットは多少ございます。


・受信性能は20素子程度で弱電界地域ではおすすめできない

・商品価格、工事費用は八木式アンテナよりも高めに設定されている

・和風建築などの住宅にはマッチしない可能性がある

・マスプロ電工の商品である(他社製のユニコーンアンテナはない)


簡単に申し上げますと、お値段が高く、1社しか発売していない為、

選択肢が狭いというところです。


ただ、長年ご利用されるものですし、安全面や長期利用というところに着目すれば、

八木式よりも初期費用が多少高騰したとしても、

次回交換時までのトータルコストで考えるとコスパは良いと言えるでしょう。

見た目もカッコいいですしね(#^^#)



これからアンテナ設置を検討されている方、

そろそろアンテナを交換しようとされている方は、

当ブログで紹介させて頂いた業者さんならばお安く丁寧にユニコーンアンテナの設置なども対応可能ですので、

ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら設置が出来ない!というようなご自宅状況かもしれませんので、

専門家に見て貰うのが一番だと思います。

設置が出来そうな環境でしたらユニコーンアンテナはおススメです☆




閲覧数:1回0件のコメント