検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【悩み】アンテナ工事か?ケーブルテレビか?


テレビの視聴方法はいくつか種類があり、大きく分けると、 1:地デジアンテナ設置 2:ケーブルテレビ契約 どちらも一長一短なので、自分のライフスタイルや趣味、好みによってどちらが自分に合っているのかを決めた方がいいでしょう。 まずは地デジアンテナを設置する場合。 アンテナにはいくつか種類があり、費用や工事方法も異なるため種類やメリットを知り、自分に合うアンテナを選ぶようにしましょう。 最も代表的なものは八木式アンテナと呼ばれ、屋根の上などに設置され、魚の骨のような見た目をしたアンテナです。 地上波の放送を受信するアンテナとしては最も認知度があり、多くの世帯でこちらを設置しております。 一度設置してしまえば視聴にお金がかからず最初の工事費用だけでテレビを楽しむ事が出来ます。 デメリットとして、屋根などに取り付け工事をする上、比較的サイズも大きいため美観を重視する場合には、少々見た目が気になるかもしれません。 また、台風など天災の影響をモロに受けてしまい故障する場合もございます。 他にもデザインアンテナやパラボナアンテナといった種類があり、設置場所は違えど、アンテナを設置する事で無料でテレビを楽しみ、ある程度の時期や天災によって修理や交換を行うという物でございます。


続いてはケーブルテレビでの視聴方法! アンテナを各家庭に取り付けることで、それぞれが個別に電波を受信するアンテナでの視聴に対して、ケーブルテレビはこれらの電波を大型アンテナのある受信設備で一旦受信し、そこから各家庭へケーブルを使って各家庭に送信します。アンテナでの受信とは違い、光ファイバーケーブルや同軸ケーブルを用いた有線での電波受信方法です。 家庭のテレビに専用のデジタルチューナーを接続すれば、別途アンテナ工事をすることなく衛星放送も視聴できます。またケーブルテレビ会社は、電波送信用に敷設しているケーブルを利用して、インターネットサービスや電話サービスも行っているところが多いです。 ケーブルテレビの魅力はなんといっても障害が少ない事でしょう。 まわりの建物に影響される事もありませんし、天災の被害にあう事も少ないです。 それにチャンネル数が違います。 アニメや時代劇、スポーツに映画といった専門チャンネルが多数用意されており、利用者の好みによって色々な楽しみ方が出来ます。 ただ最大のデメリットが料金です。 アンテナ視聴は最初の設置費用だけ払ってしまえばNHK以外は無料で見る事が出来ます。 ケーブルテレビは、一度加入し契約している間は利用料を支払う必要があります。テレビをあまり見ない人、地上デジタル放送が見られれば良いという人にとっては、少々無意味な費用と思えるかもしれません。 アンテナ工事を依頼するかケーブルテレビに加入するか迷っている場合は、それぞれの特徴とメリット、デメリットを知ることが大切です。 コスパを重視するなら、一見アンテナ設置の方がリーズナブルですが、BSやCS放送も見たい場合や、インターネット、電話などの契約をそれぞれの会社で個別にする場合を考えると、ケーブルテレビに加入する方がランニングコストを抑えられるかもしれません。 まずはそれぞれのメリットやデメリットを、自宅の環境やライフスタイル、家族構成などと照らし合わせて決めると良いでしょう。 当ブログで紹介させて頂いている業者ならば格安でアンテナ設置を行えますし、ライバルであるケーブルテレビについても分け隔てなく説明してくれますのでご相談だけでもされてみてはいかがでしょう?



閲覧数:3回0件のコメント