検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【必見】台風時期の火災保険使用方法!



これからの時期は台風が訪れ、

雷雨や豪雨が予想されます。

アンテナが折れてしまったり、破損したり。

そういったトラブルは毎年起こっております。

そうした際、場合によっては【火災保険】が適応されるケースがございます。

保険でございますので適応される場合はアンテナ工事費用を補助してもらえたり、

時には無料で工事という事も可能な場合がございます。

ただ、必ずしも保険が適応されるというわけではございませんので、

保険適応の可能性がある場合は必ず保険会社さんに確認をしましょう。


火災保険は火事だけと思っていらっしゃる方も多いのですが、

アンテナ工事においても火災保険の補償範囲に入る可能性があります。

火災保険は「家屋全般」の被害というものが対象でございますので、

火事だけではなく、雷雨や強風もその対象となります。


アンテナが台風による強風や、豪雨によって破損した場合、

「風災」として扱うことが可能です。

よって、アンテナ修理は火災保険による補償が受けられる可能性があります。


ただしいくつか条件もありますので、

ご自身がどういった保険に加入されているのかというのは確認が必要です。


まず前提として、火災保険の契約内容に関してです。

火災保険の契約内容によっては「強風や積雪による破損は補償範囲外」

という条件が付されているケースがあります。

こういった契約内容の場合、アンテナ工事に火災保険を適用することはできません。

契約で補償範囲内であったとしても、

火災保険を適用するためには、アンテナの故障や破損が自然災害によるものであることが必要です。

経年劣化による故障や、お客様の故意によるものの場合は火災保険の適応外になってしまいますため、

自然災害による故障の証明は必要です。

証明といってもそんなに難しい事ではなく、

前日の天気というものは誰でも分かる事でございますので、

昨日の落雷で壊れた、昨日の台風以降テレビが見られなくなった。

という程度で問題はありません。



※保証が適応されないケース例

火災保険の契約内容によっては、

金額が一定額以上でなければ保険が適用されないという条件が付されているものもあります。

こういった契約内容では、アンテナ工事に火災保険が下りないので、気をつけましょう。

いわゆる免責というやつです。

10万円の免責という条件ですと10万円以下の工事に関しては保証が適応されません。

例えば20万円の工事であれば、

10万円はお客様負担、

10万円は保証会社負担という形になります。



実際に保証をご利用される場合は、

まず保証会社に連絡をしてください。

こういう状況でテレビが見れない。

と説明をすれば向こうのプロですから、スムーズな案内をしてくれる事が多いです。

大抵は、施工業者の見積もりを送ってくださいという回答が多いと思います。

・補償範囲

・免責される金額

・保険の上限

・申請に必要とされる書類

これら4点を保証会社に確認しましょう。



次にアンテナ専門業者に見積もり依頼を相談してください。

その際、火災保険の適応を考えていると伝えれば、

アンテナ業者もプロでございますので、

スムーズな案内を得られると思います。

ただし、保険適応を伝えないと業者も手続きをしないという事がございますので、

必ず保険適応の意思を伝えるのをお忘れなく。


保険会社からは業者の見積書や請求書、

工事のビフォーアフターの写真などの提出を求められる事になりますので、

設置業者の方に写真を撮って貰い、業者から写真を貰うのも忘れない方がいいでしょう。



ここまでの一連の流れは慣れていれば簡単なのですが、

保険使用に慣れているという方はそう多くないと思います。

人生で何度も利用するものじゃないですからね( ;∀;)

困った事や分からない事があればアンテナ業者に相談されるのが一番です。

業者さんは毎日のように手続きや書類作成を行っておりますので、

的確な対応をしてくれる事でしょう。

特に当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

実績件数も多いため、お客様にとって最適なプランと手順をご案内してくれること間違いなしです。


特に6月7月は天候が崩れやすい為、

ご自身の保険内容やどの業者さんに相談しようなど、

情報収集は早めにしておいた方がいいです。

台風時期はアンテナ工事予約も取りづらい為、

ある程度業者さんに目星をつけておくのがおススメです(#^^#)

アンテナ選定において当ブログをぜひご参考下さいませ!




閲覧数:0回0件のコメント