top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【心配】明日は我が身!ご自宅のアンテナ/テレビ映りは大丈夫でしょうか?



地上デジタルアンテナを設置して10年前後経過されている方というのは非常に多く、

そもそもアンテナが壊れるということを想定されていない方も多数いらっしゃいます。

冷静に考えれば、いつか壊れて当然と思うはずですが、アンテナの事を常日頃考えるということが無いと思います。

長年ご利用されていれば自然と経年劣化してしまうものですし、特に梅雨時期は故障される方が増える時期です。

明日は我が身という言葉もございますので、長年ご利用されている方は、この機会に1度考えてみる事をおススメ致します。


■八木式アンテナの交換時期

八木式アンテナ(魚の骨のような形をしている)は、屋根上や屋外に設置されるタイプの金属製アンテナであり、

気象条件の影響を受けやすく、メンテナンスも難しいため、一般的に10年から20年で交換が必要です。

ただし、周囲の環境によって異なります。

例えば、雨の多い地域はサビが発生して劣化を早めることがあり、

交通量の多い場所に設置されたアンテナは排気ガスによって劣化が早くなる傾向があります。

10年経過して、1度もメンテナンスや点検等をされていない場合はテレビ映りに問題が出ていない間に専門業者に点検してもらった方がいいですよ(#^^#)




■デザインアンテナの交換時期

デザインアンテナ(平面アンテナ)の寿命は10〜15年程度ですが、

製品の耐久性や設置場所によっては5年程度で故障することもあれば、

逆に20年以上も使用できる場合もあります。

デザインアンテナの寿命を確認する方法は、

周辺機器のさびやベース部分のぐらつきなどをチェックすることが重要です。

デザインアンテナの本体はプラスチックのカバーで覆われているため、

外見だけでは劣化の度合いを判断することはできません。

周辺機器にさびがある場合は、アンテナの寿命が近づいている可能性があります。

そのため、周辺機器の状態を確認することが大切です。

また、デザインアンテナは本体よりも壁に取り付けられているベース部分の方が重力による劣化が起こりやすい傾向があります。

そのため、ベース部分の状態を定期的に確認し、

ぐらつきや錆びがある場合はアンテナの寿命が近づいている可能性が高いことを認識される事がおススメです。



■室内(屋根裏)アンテナの交換時期

室内用テレビアンテナの基本的な寿命は5年程度と言われています。

しかし、使用頻度や設置場所などによって寿命は大きく異なります。

室内用テレビアンテナは、屋外用アンテナと比べると耐久性が低いといわれますが、

屋外用のように天候などの影響を受けることはありません。

その為、定期的にアンテナの状態を確認し、

受信状況などが不安定になった場合には交換を検討するようにしましょう。

室内用テレビアンテナの交換時期を見極める方法としては、

以下の点を確認することが重要です。

・受信状況が不安定になった場合

・アンテナの接続部分に錆や汚れがある場合

・ケーブルに断線やキズがある場合

・アンテナが壊れている場

他のアンテナタイプとも共通しますが、上記のいずれかが該当する場合は、交換時期が近づいている可能性が高いです。


また、アンテナの種類やメーカーによっても寿命や交換時期が異なるので、購入時には取扱説明書をよく読み、注意点を確認するようにしましょう。

交換時期が過ぎた場合、受信状況が不安定になりノイズが発生したり、映像や音声が乱れてしまうトラブルが発生する場合があります。




テレビという日常の中の当たり前の光景ですが、いつかは壊れてしまうものです。

そして壊れる瞬間というのは突然フイに訪れます。

壊れてから業者に連絡するとどうしても遅くなってしまい、不便な時間が続きますので。

定期的なメンテナンスが推奨です。

といっても毎年するものではなく、数年に一度で充分だと思います。

なかなか一般の方には手が届かない場所に設置されている事も多いため、

まずは専門業者に一度点検をしてもらう事がおススメです。

点検ですからそんなに急ぎでもないでしょうし、近くで工事があるついでに寄ってもらうというような内容であれば費用も最小限に抑えられると思いますので、

当ブログで紹介させて頂いている業者さんのように優良業者さんにぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?




閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page