検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【後編】ユニコーンアンテナってご存じですか??大注目です!




ユニコーンアンテナについての後編でございます。

前編は1つ前の当ブログをご覧下さいませ。


簡単に前回のおさらいを致しますと、

地デジアンテナにはいくつか種類がございます。


・八木式アンテナ

・デザインアンテナ

・ユニコーンアンテナ

こちらのユニコーンというものが新しい次世代のアンテナとなり、

これからの時代中心になるであろうと言われております。


では各アンテナどういった特徴があるのかをご紹介☆


■八木式アンテナはこんな人におすすめ

・電波が弱い地域に住んでいる

・家の外観にこだわりがない

・アンテナ工事の費用を安く抑えたい


■デザインアンテナはこんな人におすすめ

・電波が強い地域に住んでいる

・台風の多い地域に住んでいる

・家の外観を壊したくない


■ユニコーンアンテナはこんな人におすすめ

・新築戸建てで地上デジタル放送を視聴したい

・スタイリッシュでシンプルなアンテナを設置したい

・屋根の上にソーラーパネルを設置している

・業者にデザインアンテナの工事を断られた



工事費用や電波の感度を重視する方は八木式アンテナを。

台風の影響や家の外観を重視する方はデザインアンテナを選ばれた方が良いと言えます。

ユニコーンアンテナの場合は太陽光パネル、デザインを断られてしまったなどのお客様にはもってこいと言えます。


ユニコーンアンテナは、分類上はデザインアンテナのバリエーションのひとつです。

ユニコーンアンテナがデザインアンテナよりも優れている最大のポイントは、

なんといっても「屋根の上に設置したときに、風の影響を受けにくいこと」です。

電波というのはご自宅の上に設置すればするほど、電波感度が良い事が多いです。

ご自宅の中で一番上というのは屋根の上になります。

そのため、八木式アンテナが電波感度が良いということになるのですが、

八木式は雨風に弱いというデメリットがあります。

ユニコーンは屋根の上に設置出来る上に、雨風に強いというのが最大の特徴となります。


デザインアンテナは、背面に取付金具がついています。

ですので、外壁の高い位置や軒下などに、背面を隠すようにして設置することが多いです。

このような設置方法は「雨風の影響を受けにくい」というメリットがあります。

しかし屋根から1段低い場所に設置することで、受信する電波が少なくなってしまうというデメリットもあるのです。


その点、ユニコーンアンテナは配線や金具の多くがポールの内側にしまわれていて、

マストが下に伸びる設計になっています。

このため、屋根の上に設置しても風の抵抗を受けにくく、

電波も受信しやすいというまさに一石二鳥の構造なのです。


ただし!!!

お値段に多少の開きがあり、

八木式アンテナが一番お安く、

次にデザインアンテナ、

デザインアンテナよりも高いのユニコーンアンテナとなります。


大体の相場でございますが、

八木式:2万円~4万円

デザイン:3万円~6万円

ユニコーン:4万円~7万円

となります




デザインアンテナは現在、非常に需要が高いです。

しかし実は、お客さまの住環境によっては、デザインアンテナでは電波量が不十分だった…というケースがよくあるのです。

電波が足りない状況でデザインアンテナを設置した結果、映りが悪くなってしまった…というパターンが多いようです。

もしもアンテナを屋根の高い位置に取り付けることができていれば、テレビ映りが改善したかもしれません。

それを可能にするのが、屋根上に最適なユニコーンアンテナなのです。


YouTubeなどでアンテナ設置方法の動画というのはいくつもございますので、

ご自分で設置することも可能ではございますが、高所での作業になりますので、

やはり専門業者にお願いするのが一番でしょう。

プロなら1~2時間程度でテレビ映りの確認まで完了しますが、初心者の方は半日程度見ておいたほうがいいでしょう。

また、品物の準備・取り寄せに1週間近くかかることを考えると、決してカンタンな工事ではございません。


もしこれから新築を建てる場合や、そろそろアンテナ交換をご検討されている方は、

新しくユニコーンアンテナというのもじゅうぶんに検討の余地があると思います。


当ブログで紹介させて頂いている業者さんならば、

八木式やデザインだけではなく、ユニコーンアンテナの設置も対応してくださいますので、

お気軽にご連絡くださいませ('ω')





閲覧数:7回0件のコメント