top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【引っ越し】戸建て/マンション!引っ越しはここが違います



戸建てとマンション。

どちらもメリットデメリットがあり、

どっちが良いのか!というのは個人個人の価値観もありますので、

一概には言えないでしょう。


ただ、いくつか【違い】がありますので、

お間違え無いようにしましょう!(^^)!



日本の一戸建て住宅では、一般的に家の屋根や側面に専用のテレビアンテナが設置されています。

これらのアンテナは、テレビ放送塔から直接信号を受信するように設計されています。

一方、マンションでは、建物内のすべての世帯に送信するテレビ電波を受信するための共聴アンテナを設置しています。


具体的に何がどう違うのか?

入居者が何をすべきなのか?

意外と知らない事も多いですし、後々のトラブル回避の為にも、

ほんの少しだけ知っておくと便利な事もあると思います!


・共聴アンテナ

共聴アンテナは、ビルや集合住宅の屋上に設置されるアンテナのことで、

マンションなどに設置されているのが一般的です。

このアンテナから受信した信号は、同軸ケーブルを通じて建物内の全住戸に配信されます。

共聴アンテナのメリットは、管理会社やサービス提供者がアンテナを設置・管理するため、

居住者が自分でアンテナを設置・管理する必要がないことです。

しかし、共聴アンテナにはいくつかのデメリットがあります。

信号の強さは、建物と放送塔の間の距離や、他の建物や電子機器からの干渉によって影響を受けることがあり、

さらに、ビルの管理者やサービス提供者がチャンネルラインナップを決定するため、

住民がどのチャンネルを利用できるかをコントロールできない場合があります。


もし、映りが悪い場合などは、

最初にテレビ設定を確認してください!

テレビが正しいチャンネルに設定されているか、

信号が「ケーブル」ではなく「アンテナ」に設定されているかを確認してください。

また、最良の信号を得るために、テレビの設置位置を調整する必要がある場合もあります。

それでも一向に解消されないという事であればブースターという機器の設置が必要になります。

特に、低層階にお住まいの方や、マンションのアンテナから離れた場所にお住まいの方に有効です。







・戸建て用テレビアンテナ

戸建て用テレビアンテナは、基本的に個人の住宅やアパートの屋根や壁面に設置される個人用アンテナのことです。

このタイプのアンテナは、日本では一戸建てに多いのですが、マンションでも管理者の許可があれば設置することが可能です。

戸建てアンテナのメリットは、他の建物や電子機器からの干渉の影響を受けないので、

共聴アンテナよりも安定した信号を受信できることです。

さらに、特定のチャンネルを受信するようにアンテナを調整することができるため、

居住者はどのチャンネルを利用するかを選択しやすい点もメリットです。

しかし、デメリットもあり、アンテナの設置やメンテナンスは居住者の方が行う必要があり、

慣れない方や必要な機材がない方には難しいかもしれません。

また、集合住宅によっては、アンテナ設置に制限がある場合もあり、設置できる場所が限られることもあります。



テレビの映り方によって戸建てかマンションかを選ぶという方は少ないと思いますが、

せっかくなら良い環境でテレビを楽しみたいと思う方が多いと思います。

なるべくコストをかけずに、正しいアンテナを設置することで長期的に楽しむ事が出来ますので、

もし迷われた際や、今後のお引越しが控えている方などは、一度専門家にご相談されてみるのはいかがでしょうか?





閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page