検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【対策】梅雨に備えたデザインアンテナ!



この時期ということで梅雨対策、雨対策というのは必須です。

今年の限った事ではありませんが、

特に設置10年以上経たれているご家庭で、八木式アンテナをご利用されている場合は、

まだご利用出来ている間にメンテナンスやデザインアンテナへの変更をした方がいいかもしれません。

もちろん八木式でも新しくすれば梅雨が来ても怖くありませんが(#^^#)


アンテナというのはワイヤーで固定していますが、

1本切れただけで転倒してしまうものです。

もし2本が切れてしまったならばテレビアンテナは落下してしまいます。

落下したタイミングに運悪く通行人が居たら……

想像するだけでも怖い事故が起こります。

ワイヤーが切れそうになっているのに気がつかないまま使っていたら、

自然災害時に上からテレビアンテナが落ちてくることもあるかもしれません。


アンテナ設置技術は年々向上しており、新しい部材も出ております。

ということは昔の技術・昔の部材を使っているご家庭は非常に危険だとも言えます。

アンテナ交換工事というのは決して安い買い物ではありませんが、

さほど高価なものでもございません。

長年ご自宅の安全を守れるという点ではコスパの良い買い物とも言えるでしょう。


また、屋根の上に登る事が出来る場合、せっかくなら土台もチェックした方がいいでしょう。

もし屋根馬が「黒」の場合、

金属製の土台を塗装しているものの可能性があるからです。

屋根の塗装が定期的なメンテナンスを必要としているように、

屋根馬の塗装も放っておけば自然と剥がれてしまうものなのです。


一度剥がれてしまうと、サビも怖いのですが、

単純に耐久性が脆くなり、雨風で根本から折れてしまう!

なんて事も珍しくありません(泣)

そのため、もし黒の屋根馬だった場合は急ぎでやる必要はありませんが、

早めに対策を取られた方が良いでしょう。




お住まいのエリアが電波に強い地域でしたらまず間違いなくデザインアンテナをおススメ致します。

八木式アンテナよりも多少費用は高騰してしまいますが、天災による安定度が遥かに違います。

また、その名の通りデザイン性に優れており、カッコいいものやご自宅の外観をそこなわないものなども多く、

カラーバリエーションも豊富のため、メリットが非常に多いです。


ただその分費用が高騰してしまうという点と、八木式に比べると電波受信感度が弱まるという点がデメリットです。

ブースターなどを用いる事で、テレビ視聴に影響が無いようであれば、デザインを推奨致しますが、

まずは専門業者様に電波レベルだけでもチェックしてもらった方が良いでしょう。


これからの季節はアンテナ業者さんも繁忙期に入る為、

いざ壊れてからでは遅い場合が多々ございます。

5月中に一度ご相談だけでもして、ご自宅の最新電波状況を確かめておくというのも1つの手です。

依頼だけではなく、当ブログで紹介させて頂いている業者さんならば無料相談も行っておりますし、

デザインアンテナだけではなく、ご自宅の状況に合わせた最適なプランを提案してくださいますので、

今現在同じアンテナを10年以上お使いの方は、お早目にご相談された方が確実です!

無料&安価の優良業者様に本格的な梅雨が始まる前に、ご相談されてみてはいかがでしょうか?




閲覧数:0回0件のコメント