検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【対策】スカパーアンテナの寿命と修理タイミングとは?



スポーツや映画がお好きな人には大変人気の【スカパー】

お風呂に入ってビールを用意して。

さぁー映画を楽しむぞ!なんて時にスカパーが映らなかったら?

まさに…絶望・・・今日は一体何だったんだ?と1日の全てを悔やむレベルですよね。

そうならない為にもしっかりと原因を把握し、事前に対策をしておきましょう。

映らない原因としては、下記が考えられます。


■アンテナの角度

突然スカパーが映らなくなってしまう理由のひとつに天候の影響があります。

直前に強風や強い雨が生じていないか天気を確認してみましょう。

アンテナの角度が1度でもズレると不具合を起こします。

強風や強い雨が降った際に、少しアンテナがズレてしまうこともあります。

角度を治せばいいだけなのですが、

アンテナレベルを計測する機械が無い場合は、業者に依頼しましょう。


■傾いた、脱落した

屋根の上に設置することが多いアンテナですが、傾いたり、落下するとテレビが映らなくなってしまいます。

この場合、アンテナの再設置が必要となります。アンテナの再設置は一人で行うことが難しい作業です。そのため、早急に専門業者さんに依頼すべきでしょう。



■配線の不具合

BSやCSなどの衛生放送やスカパー放送などのトラブルは、

コードの接続部となっているコンバーター故障が原因の場合も多いです。

他にも配線部分の経年劣化による断線を起こす場合もあります。

コード自体はネット通販でも家電量販店でも売っていますので、

故障個所さえ分かってしまえばご自分で交換も可能です。

ただ、故障個所が判明していない場合は、専門業者さんに依頼しましょう。





急にテレビが視聴できなくなるというのは大体上記のケースが多いです。

大抵は台風や地震など、悪天候の際に被害に合われる事が多いのですが、

基本的に10年が1つの目安となります。

10年以上ご利用されている場合は、いつ故障してもおかしくありませんので、

修理や点検、交換の事は視野に入れておいた方がいいでしょう。


悪天候時にアンテナが倒れたり、向きが変わってしまっていると考えられます。

こうしたアンテナトラブルは電気工事の業者など、専門家を呼んで直してもらいましょう。

強電界域の場合は、アンテナが倒れたりしている場合でもテレビが映る場合もあります。

そんなごく一部の地域以外は、アンテナが倒れると映りません。

特に、スカパーなどはちょっとしたトラブルですぐに映らなくなってしまいます。


アンテナに破損が見受けられる場合には、自分で確認しても解決することができず

、アンテナの買い替えが必要となってきますので業者に依頼して対処してもらうようにしましょう。

自然災害によるアンテナの故障やそれに伴う建物の破損に関しては、

火災保険が効くケースもあり、保険を申請することができる場合が多いのですが、

アンテナ業者に依頼することにより写真を撮影して保険の申請もスムーズに行うことができます。



アンテナ施工は、上記の通り一般的には10年の寿命といわれていますが、

15年~20年問題なく使う事も可能です。

結局は作業員さんの技術や会社の営業方針によって大きく変わってしまうということです。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、丁寧かつ安価に長期の保証もついているので、

快適なテレビ生活のためにも。ぜひお早目に業者選定をされておいた方が安心です(#^.^#)








閲覧数:7回0件のコメント