top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【安心】テレビが急に映らなくなった方は必見!






ふとした瞬間に、テレビの画質や受信状態が悪化する事があります。

様々な要因が考えられますが、身近なトラブルの1つにアンテナ線のショートが挙げられます。

アンテナ線のショートとは、アンテナ線が何かしらの原因によって電流が異常に流れる状態のことです。

ショートが起きると、テレビの画質が乱れたり、受信障害が発生することがあります。


アンテナ線が劣化し、絶縁体が傷ついたり剥がれたりすることが原因となることがあります。

また、アンテナ線が他の電子機器や金属物と接触することによってもショートが発生することがあります。


では実際、どういった症状が出る事が多いのか?といいますと、

・画質の低下:

ショートが原因で、テレビ画面にノイズや乱れが生じます。


・受信障害:

ショートによってアンテナからの信号が遮断され、一部のチャンネルが受信できなくなることがあります。


このどちらかが発生することが多いです。

逆を言えば、こういった症状の場合はアンテナ線を対処すれば改善されるとも言えます。




■アンテナ線ショート時の対策方法

・アンテナ線の交換:

アンテナ線が劣化している場合は、専門業者により新しいアンテナ線に交換することでショートを解消できます。

ただ、アンテナ線が劣化しているかどうかの判断を一般の方がするのは難しいと思いますので、

被害が出てしまった際は速やかに業者手配をされた方がいいでしょう。


・絶縁体の修理:

アンテナ線の絶縁体に傷や剥がれがある場合は、電気テープや絶縁体修理テープを使用して修復することができます。


・アンテナ位置の調整:

アンテナが他の電子機器や金属物と接触している場合は、アンテナの位置を調整することでショートを回避できます。

設置位置により、危険な場合がございます。屋根の上などに設置されている場合は業者手配を推奨致します。


・遮蔽材の使用:

アンテナ線が他の電子機器と干渉してショートが起きる場合は、遮蔽材を使用して電気的な隔離を図ることができます。




■アンテナ線故障予防策

・定期的な点検:

アンテナ線の劣化や絶縁体の損傷を防ぐために、定期的な点検を推奨している業者さんが多いです。

点検だけなら費用も特段かからないというところも多いです。


・適切な取り扱い:

アンテナ線を他の電子機器や金属物と接触させないように注意し、適切に取り扱いましょう。


・遮蔽材の使用:

電子機器との干渉を避けるために、遮蔽材をアンテナ線の周りに設置することを検討しましょう




テレビが映らない=テレビの故障とは限りません。

もちろんテレビの故障ということも考えられるのですが、

高額なお買い物になりますし、いざ壊れてからテレビを選ぶとなると冷静な判断が出来ず、

焦って特売品などを購入してしまうということもあります。

まずはテレビまわりの設備から疑った方が宜しいです。

アンテナ本体や配線ということも考えられますので、

定期的なメンテナンスが一番ですが、

壊れてしまってからはアンテナ業者さんに設備に異常が無いかを確認してもらいましょう。


当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、早急な対応と適切なアドバイスはもちろん、

何より安価での対応が評判の業者さんばかりです。

困った際はぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?




閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page