検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【増設】テレビが見れるお部屋を増やしたい方へ!



お子様の成長や、親御様とのお部屋分けなど。

リビングだけでなく、各々の部屋でテレビを視聴したい!

というご家庭も多いかと思います。

大家族になればなるだけ、そういった願望は多い事でしょう。

もちろんお部屋ごとでテレビ視聴は可能なのですが、

その分電波を各部屋に供給しなければなりません。


リビングにアンテナ端子が設けられているが別の部屋でテレビを見たい場合、

アンテナ端子の増設という方法があります。

もうひとつの方法としては室内配線があります。

リビングにあるアンテナ端子を大元にして、

分配器という機器を用いて各部屋に電波を供給する形になります。


リビングにあるアンテナ端子と分配器の受け入れ側の端子を短いアンテナケーブルでつなぎます。

分配器には複数の送り出し側の端子が設けられているため、

ひとつをリビングに設置してあるテレビのアンテナケーブルを繋ぎ、

反対側を他の部屋で使用するテレビのアンテナケーブルと繋ぎます。

この場合には大元のアンテナ端子がひとつで済みますので、

増設をしなくても構いません。


部屋に届くテレビコンセント端子から分配器にケーブルを繋げ、

分配器から各テレビへ繋げます。

こうすることで、1つのテレビコンセントから複数のテレビに電波を届けることが可能になります。

ただし、本来、ひとつのテレビコンセントに届く電波はテレビ1台分です。

この電波を複数のテレビで分け合えば、1台当たりの電波は弱くなってしまいます。


見ている最中にテレビの映像が途切れたり、映りが悪くなったり、そもそも映らないこともあります

その為にはブースターと呼ばれる電波を増幅する機器を用いて対応する事が多いです。




アンテナ端子自体をご自分で増設することも可能なのですが、

リスクも高いので業者にお願いした方が何かと便利でしょう。

極力お金をかけない方法として家の中をアンテナケーブルを走らせる人もいます。

この場合かかる費用は新たなケーブルの費用のみです。

分配器なども購入が必要ですが、安く済ませようとすれば全て揃えても1万円程度で済みます。

しかし、見栄えは悪いです。

うまく隠している場合でも、家のどこかでは無理が生じてしまい、見栄えの悪さを生み出してしまいます。さらに、壁の中や床下配線を試みる方もいますが、自分で行うと建築知識が必要になります。業者に依頼した場合はアンテナ増設以上にお金がかかります。

そのため諸々の事を踏まえると専門業者に依頼するのが一番です。


専門業者に依頼すると当然ながら、費用が発生するのですが、

そう難しい工事でも無いため、比較的安価で案内している業者さんが多いです。

テレビ設置と同時にこうした工事を依頼することも可能です。

もし、新築などで新規にアンテナを設置する場合は、

最初からいくつか端子を作っておいてもらった方が宜しいかと思われます。

工賃としては1万円も取らないところが多いです

ただ、あくまでも工賃ですので、部材代は別途必要となります。

ケーブルにもいくつか種類がありますため、

高いケーブルで長距離になりますとそれなりの金額を要しますが、

特段ケーブルの種類にはこだわらないということであれば、

数千円程度で済む事が多いです。


既存の電源コンセントを使用してアンテナ端子を新たに作り出す場合、工事費はかからない事が多いです。

しかし、何もない壁にアンテナ端子をつける場合は穴を開けるなどの工事が必要です。

この場合には穴あけ工事のほうが高額になる場合もあります。

極力安く依頼したい場合は、既存の電源コンセントボックスを活用したいものです。



業者さんによっては値段も技術も日程も様々でございます。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、

安価でスピーディーな対応が間違いないので、

もしご自宅のテレビ数を増やしたいとご検討されている方は、

一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?





閲覧数:0回0件のコメント