検索
  • 埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【前編】ユニコーンアンテナってご存じですか??大注目です!




比較的新しいアンテナで、

【ユニコーンアンテナ】というものがあります。

2017年に誕生したポール型の地デジアンテナです。

従来の地デジアンテナと比べて、細身でスッキリしたシルエットが魅力です。

地方だとまだまだUHFの需要はありますが、

こちらのユニコーンアンテナは風の影響を受けにくいというところも特徴です。


今はまだユニコーンアンテナの名前を知らない人も多いですが、

これからますます設置するお家が増えること間違いなしです。


ユニコーンアンテナは、地上デジタル放送を視聴するためのアンテナです。

もともとは第2世代の「デザインアンテナ」の新しいバリエーションとして誕生したもので、新築住宅を中心に人気が高まっています。


名前の由来は、設置したときの印象がユニコーンの角のように見えること。

そのほかにも、形がポール状のため、「ポール型アンテナ」と呼ばれることもあります。


ユニコーンアンテナは360度どこから見ても光の反射を抑えるマットな仕上がりになっています。

無骨な金属部分がポールの中に隠れているので、お家の外観を損ねないというのが非常にウリです。


色は「ウォームホワイト」と「ブラックブロンズ」の2色展開。

お色が選べるというのも非常に魅力的ですよね。



■ユニコーンアンテナのメリット

・風の影響を受けにくい構造だから、屋根の上に設置できる

・周囲の建物に邪魔されず、屋根の上から電波を取れるので、住宅密集地に最適

・金属やケーブルが隠れて、外観がスッキリする

・屋根上の太陽光パネルに影響がでにくい

・外壁に馴染む、白黒2色のカラーバリエーション



■ユニコーンアンテナのデメリット

・八木式アンテナと比べて電波の受信感度が弱い

・八木式アンテナと比べて工事費用がやや高い

・弱電界地域では設置を断られることもある

・洋風建築と比べて、純和風建築にはマッチしない




上記のようにいくら新時代のアンテナとはいえ、

デメリットがあるのも事実です。

ただ、最近のご自宅状況を見ると、そこまで目立ったデメリットではないようにお見受け出来ます。


ユニコーンアンテナは地上デジタル放送を受信するアンテナなので、単体では衛星放送を視聴できません。

そのため、ユニコーンアンテナとBSCSアンテナをセットで工事する方が多いです。

そうすると費用が上がってしまうというのが最大のデメリットかもしれません


大体ではございますが、八木式アンテナの3万円前後の設置費に比べて、

5万円~7万円ほどしてしまうのがユニコーンアンテナ+BSアンテナの組み合わせです。


そもそも!!!

アンテナというのは複数種類ございます。

八木式アンテナに、

デザインアンテナに、

こちらのユニコーンアンテナ。


結局自分はどれをつければいいの?

とお悩みになられる方が多いと思います。




ユニコーンアンテナに向いている人は下記のような人だと思われます。

・新築戸建てで地上デジタル放送を視聴したい

・スタイリッシュでシンプルなアンテナを設置したい

・屋根の上にソーラーパネルを設置している

・業者にデザインアンテナの工事を断られた


これらに該当する人はユニコーンアンテナの設置を前向きに検討しても良いと思います。

逆に、上記に該当されない人は、ちょっと損をしてしまう可能性がございますので、

八木式アンテナの設置が良いかもしれませんね(#^^#)


ブースターを設置したりすることで、八木式アンテナと同等の電波レベルを作る事も出来ますし、

新築の方にはユニコーンアンテナはけっこうおススメです。

それにアンテナというのは設置してから10年以上お使いになることがほとんどです。

今のうちにユニコーンを設置しておくというのは、

何かとお得が広がると思います☆


まだまだユニコーンアンテナについては書ききれない事もありますので、

後編に続くです(#^^#)



当ブログで紹介させて頂いている業者さんならば、

八木式やデザインだけではなく、ユニコーンアンテナの設置も対応してくださいますので、

お気軽にご連絡くださいませ('ω')



閲覧数:2回0件のコメント