top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【利便性】テレビ映りが悪い時やBS放送やCS放送をご覧になられたい時の対策!



テレビのトラブルは突然訪れます。

昨日まで何年も普通に見れていたのに、

今朝になったら突然のエラー表示や画質の乱れ。

決して慌てないでください!!


・B-CASカードをチェック

テレビが視聴できないトラブルが発生した場合、まず機器関連をチェックしてみましょう。

その中で、多くトラブルの原因になっているのが『B-CASカード』です。

テレビやレコーダー本体にはB-CASカードの差込口がありますが、

こちらに正しくカードが差し込まれていない場合、視聴不可のエラーが起こってしまいます。

掃除の際やちょっとした家具の移動、些細な事でカードの差し込みが緩くなってしまう事もございます。

しっかりと差し込まれているか、向きが正しいか、などを確認してみましょう。


・ケーブルの接続をチェック

ケーブルの接続関連もトラブルの原因になりやすいものです。

テレビに繋がっているケーブルを一度抜いて、10秒程したら再度差し込んでみてください。



まずは慌てず、上記2つを確認してみてください。

大体テレビ以上が発覚するのは朝が多いです。

朝のお忙しい時間帯になかなかチェックは難しいかもしれませんが、

何卒お願いしたいところです。



・アンテナ本体のトラブル

視聴トラブルの場合、BSアンテナ本体が原因の場合もあります。

カードやケーブルを抜き差ししても改善されない場合は、

アンテナ異常も疑ってみましょう。

BSアンテナは、基本的に室外の高い場所に設置されています。

その為、天気などの影響を受けやすいのです。

台風などの強風や豪雨などにさらされて倒れてしまうこともありますが、

実は少し方向がズレてしまっただけでも正しく受信できなくなってしまう場合があります。

また、経年劣化による寿命も考えられます。

アンテナの寿命は一般的に約10年と言われますが、

環境によりかなり違いがあります。ですので、早めに故障してしまう場合もあります。




■これからBS放送を導入されようとされている方:

上記の通り、何か不具合が生じた際も比較的簡単に確認や対処が出来るケースが多いです。

どうしても梅雨時期や降雪時期は専門業者に依頼をしなければならない事もありますが、

使用歴が10年未満の場合は手軽に直せる事がほとんどです。


・BS放送のメリット

BS放送の大きなメリットのひとつは、番組の質の高さです。

BS放送は、HDチャンネルを含む高品質なデジタル番組を提供し、

チャンネル数や番組の選択肢も豊富です。

また、地上波放送が視聴できない地方でも、日本全国で広く視聴することができます。

さらに、BS放送は、双方向サービスなどの機能に対応することで、

より高度なエンターテインメントを実現することが可能です。

そのため、視聴者が視聴をより自由にコントロールすることができます。



・BS放送のデメリット

BS放送の主なデメリットのひとつは、コストです。

視聴者はアンテナなどの専用機器を購入する必要があり、高額になることがあります。

また、悪天候時や木や建物などの障害物によって電波が遮られるなど、

視聴者によっては受信に支障をきたす場合があります。

放送衛星までの見通しが良くない場所、

高いビルが立ち並ぶ都市部などでは受信が困難な場合があります。



■CS放送も人気です!

CS放送は、通信衛星を利用してテレビ番組を送信するサービスのことです。

専用の放送衛星を使用するBS放送とは異なり、

他の通信サービスと衛星容量を共有するのがCS放送の特徴です。

スポーツや映画・アニメ・外国語チャンネルなど、専門性の高い番組で利用されるのが一般的です。


・CS放送のメリット

BS放送に比べて自由度が高いというメリットもあります。

CS放送は、コンテンツの需要に応じて、衛星放送の容量を調整することができます。

そのため、特定の視聴者に合わせたサービスを提供することができ、視聴者のニーズに確実に応えることができるのです。



・CS放送のデメリット

CS放送は基本的に、【スカパー】や【スカパー!プレミアムサービス】との契約が必要で、

こちらを視聴するには料金が必要です。プランは視聴するチャンネルによって違います。

また、CS放送はBS放送に比べて信頼性が低いという欠点があります。

他の通信サービスと衛星容量を共有するため、干渉や 混信の影響を受ける可能性があるのです。





テレビ視聴方法は時代の変化に合わせ、多様性がございます。

コストパフォーマンスに優れた視聴方法や趣味趣向に合わせた視聴方法など。

リビングでのんびりリフレッシュするためのテレビ視聴。

お客様やご家族様のニーズに合わせた最適なプランでぜひ楽しんで頂きたいです。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、色々なプランや技術/経験をお持ちのところばかりでございますので、

特にこれからお引越しを控えている方は、まずどんな方法でテレビを見た方が良いのか、

自分には合うのかなど、専門的な意見を聞いてみるのはいかがでしょうか?









閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page