top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【マル秘節約】アンテナ利用で便利に節約!!



一般的にテレビを視聴する為には、アンテナの設置費用が必要です

そして一度設置すれ


ば月額ランニングコストはかからないのが大きな特徴でもあり最大のメリットです。

一方、ケーブルテレビは毎月の契約料が発生し、

テレビを見るために毎月の固定費が必要となります。


ケーブルテレビのメリットはなんといっても、【膨大なチャンネル数】

1日テレビを見ていても、見たい番組があり過ぎて時間が足りないという方も多い事でしょう。

ケーブルテレビは、光ファイバーケーブルや同軸ケーブルを地域に敷設し、

エリア内の住宅にテレビ放送を提供するサービスです。


通常は電波が弱い地域の家庭が利用する傾向がありますが、

最近ではケーブル


テレビの事業会社がインターネットや固定電話などのサービスとセットにしたり、

放送チャンネルを増やすなどで利用者を増加させています。

そのため、電波の強い地域でもケーブルテレビを選択するご家庭はあります。


ケーブルテレビは多彩なチャンネルが楽しめるため、魅力的な点も多いですが、

契約プランによっては毎月数千円以上の利用料を支払う必要があります。

この利用料がネックとなり、近年ではケーブルテレビからアンテナに切り替えるご家庭も多くなっています。



もし、こちらの記事をご覧になられている方で、そろそろアンテナに切り替えたい、

ケーブルテレビをあまり見なくなったという方は、解約方法にご注意を!!


※解約方法が難しい場合がございます

まずは契約書や事業者のウェブサイトなどをチェックして、

解約に関する条件や期限を確認しましょう。

ケーブルテレビの契約は通常、定められた契約期間が存在します。

この期間内に解約すると解約金や違約金が発生する場合があります。

更新月(解約月)を確認し、解約金を避けるためにも事前に調査しましょう。

契約書の控えを確認するか、事業会社に問い合わせてください。

ショップ展開をし


ている場合はショップで手続きできますが、

一般的にはカスタマーセンターに電話をするか、オンラインフォームを利用して申し込みます。

解約日と機器の撤去工事日程を決定し、立ち会いが必要な場合は都合の良い日時を調整しておきましょう。

撤去工事費用についても確認しておくようにしましょう。





※ネット回線やWi-Fiなども同時に契約している場合!

ケーブルテレビ以外のサービスとセットになっている場合、まずは契約内容を把握しましょう。

事業会社によって異なりますが、ケーブルテレビだけを個別に解約することはできず、

一度全てのサービスを解約し、

新たにインターネットや固定電話のプランを契約し直す必要があります。

こちらの切り替えに失敗するとWi-Fiが使えなくなってしまう場合もありますので、

要注意です!!



※アンテナ設置をしてみましょう!

ケーブルテレビの解約が完了しましたら、いよいよアンテナ設置です。

解約日に合わせてアンテナ業者さんを予約しておくのがいいでしょう。

当ブログで紹介


させて頂いている業者さんであれば、

安価でスムーズな対応をしてくれること間違いなしです。


電話やメール等で、ケーブルテレビからの切り替えをしたいと伝えるだけで、

次の手順を分かりやすく


教えてくださいます。

ご住所やハウスメーカーさんの簡単な情報だけで電波位置を特定することも出来ますし、

現地調査をする場合もありますが、ほとんどがお電話だけで解決するという事が多いです。


現地調査をしてからでないと不安!!

という方も多いのですが、もちろん事前に自宅を調べて貰うというのは大切なのは間違いありません。

ただ、同時に悪徳業者さんに誤って依頼してしまった場合は、

アンテナ以外の設備も押し売りされるというケースも増えております。

現地調査=安心!というわけではないということを必ず理解された方がいいです。

かといって、

現地調査無し=安心。

というわけでもござ


いません。

つまり、何が安心出来るのかというと、

レビューの数でしたり、各業者さんのホームページの施工実績など。

そういったところが一番判断しやすいかもしれません。



当ブログで紹介させて頂いている業者さんは【ネット業者】と呼ばれる営業方針の業者さんばかりですが


専門業者として施工実績も多く、膨大なデータと知識/経験をお持ちの業者さんばかりです。


ケーブルテレビを見る機会が減ったご家庭は、

毎月のコストもバカになりませんので。

この機会にアンテナ視聴に切り替えてみるのはいかがでしょうか?





閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page