top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【コスト影響】設置部材によってコストの増減が激しい為、ご自宅を要チェック!



テレビの視聴方法はいくつか種類があります。

テレビアンテナ視聴の場合、

複数のお部屋にテレビを設置される際には、

アンテナケーブルを通じて複数の部屋や機器に信号を分配しています。


これは分配器と呼ばれる装置を使用して行われていて、

分配器に接続することで、アンテナからのケーブルは複数のケーブルに分かれ、

各部屋や機器にテレビ電波を送信することができます。


分配器を選択するときは、正しい電波量を的確に割り振れる事が出来るのかどうかが重要で、

必要以上に分配数の多いものに交換すると、トラブルが生じる可能性もあるので、

慎重に選択する必要があります。



テレビアンテナの分配器は、

アンテナからの一本のケーブルと複数のケーブルを接続し、

テレビの電波を均等に分配する装置です。

主に地デジアンテナやBS/CSアンテナから各部屋への配線や、

部屋内の複数の機器への接続に使用されます。


分配器は一個の入力端子と複数の出力端子からなり、

外見は長方形の箱型です。

分配数は2~8まで分かれており、

現場の要件に合わせて選ばれます。


設置時の重要なポイントは、

分配器が入力された電波レベルを均等に分配することです。

ここに技術と知識の差が出てくる事になります。

電波レベルはデシベル(dB)で表され、

分配器を通るとわずかに減衰します。

したがって、分配器の設置場所や電波レベルの判断が重要です。



戸建てのテレビアンテナ配線では、

『地デジアンテナ』と必要に応じて『BS/CSアンテナ』を設置します。

地デジアンテナでは地方チャンネルの受信に制約がある場合、

別途地方局専用のアンテナが必要な場合があります。

2基以上のアンテナを設置する場合、

『混合器』を使って地デジ、BS/CS、地方チャンネルの電波を一本のケーブルにまとめます。

これにより、アンテナ配線や機器の設置を最小限に抑え、

コストやトラブルのリスクを軽減できます。

『アンテナブースター』は設置される場合が多く、

受信したテレビ電波を増幅する役割を果たします。

低電界地域や複数のテレビを設置する場合などに必要になります。

ブースターはアンテナの近くに設置され、電源が必要です。

ブースターには屋外用や室内用、地デジ専用のUHFブースター、

地デジと衛星放送に対応するUHF・BS/CS混合ブースター、

さらに4K8K対応型などがあります。

アンテナ本体、ブースター、混合器は近い位置に設置され、

電波を受信し必要なレベルを確保し、ケーブルをまとめる機器です。

分配器はこれらの機器から延びるケーブルを接続し、

各部屋へのテレビ電波の分配を行います。

分配器は交換やメンテナンスがしやすい場所に設置されます。

また、分配器から延びるケーブルは、各部屋のアンテナコンセントに接続されます。




分配器を選ぶコツとしては、

アンテナからのテレビ電波を分配する数に応じて、

出力端子のケーブルに分けて配信します。

地デジ電波の場合、安定した視聴にはアンテナからの電波レベルが「34dbから89db」の範囲内であることが必要です。

実際には季節や天候によって微妙に変動するため、

「46dbから81db」の範囲内で、

最低でも「40db以上」のレベルが必要です。

逆に「90db」以上の強すぎる電波レベルも問題を引き起こすことがあります。

その為、分配器を交換して分配数を増やす場合は注意が必要です。

分配先の電波レベルが不足し、全ての部屋で映像が映らなくなる可能性があります。

新規設置時も同様で、必要最小限の分配数に予備の端子を追加する必要があります。

分配器を交換して分配数を増やす際には、

テレビアンテナとブースターからの電波レベルを確認し、

増やす分配数に合わせてブースターで増強する必要などがあります。

全体のアンテナ配線を考慮し、

各分配先に十分な電波レベルが届くように調整しましょう。



※重要※

分波器と分配器があります!

字も形も似ておりますが、全く別の機能です。


・分波器:

地デジとBS/CSアンテナの電波を分離し、

それぞれのチューナー端子に接続するための機器です。


・分岐器:

入力されたテレビ電波を複数の出力端子から送り出す役割を持ち、

メインの出力端子と分岐端子があります。


分岐器は一般の住宅ではあまり使用されず、

大型マンションやビルなどで複数の部屋にテレビ電波を送る場合に利用されます。

建物内でケーブルを複雑に分岐させ、必要なレベルの電波を分配するために使用されます。



※まとめ※

今回は専門的な言葉や数字も多く、少々難しさも感じた事と思います。

一言で済ませてしまうと『専門家に相談』すれば解決するのですが、

誤った業者選定をしてしまうと、≪高額な部材≫を設置されてしまうケースがあります。

本来、自宅に必要の無かった部材や、

選定が異なる物などを設置してしまうと結局うまくテレビが視聴できないなんて事もございます。

そうならないように、まずは最低限の知識だけでも持っておくと、

ご自宅や予算を守る事にも繋がります。

当ブログで紹介させて頂いている業者さんであれば、どの業者さんも丁寧かつ安価で、

お客様にとっての≪最善≫を紹介してくださるところばかりですので、

これからアンテナ設置をされる方や、長期利用されている方は、

まず一度相談されてみてはいかがでしょうか?








閲覧数:0回0件のコメント

تعليقات


bottom of page