top of page
検索
  • 執筆者の写真埼玉アンテナ工事優良業者ランキング

【オーナー様】賃貸マンションを所有されていらっしゃる方は必見です



ここ数年の4K8K画質放送への取り組みにおいて、

管理組合/管理会社/オーナー様。

悩まれている方が多数いると聞いております。


戸建ての場合は、1つのお家に1つのアンテナを設置し、

ご自身だけがご利用する形になるのですが、

マンションだと共有物にもなりますし、

それぞれの方法によって視聴環境の整え方も費用も異なるため、

視聴環境を整えた後のことまで考えて、どの方法を選ぶか決めなくてはなりません。


ただ、何故マンションのような共同住宅で高画質のアンテナを設置しなければならないのか?

といいますのも、あくまで予測ではございますが、

2025年には、4K放送が全世帯に普及すると見込まれており、

4K衛星放送の視聴ができて当たり前になってきています。

しかし、設備が整っていなければ4K8K衛星放送は視聴できません。

つまり、マンションで受信できなければ、

各世帯で対応したテレビを持っていても、4K8K衛星放送を楽しめないのです。


そのため、住戸ごとに自費で視聴可能にすることはできないため、

視聴環境を整えるにはマンションの共同受信アンテナの交換などを行う必要があります。


では具体的にどのようにすればいいのか?


■4K8K衛星放送に対応した共同受信アンテナの設置

一番シンプルな方法としてh、あ現在設置している共同受信アンテナを、

4K8Kに対応したアンテナに交換する方法です。

ただし、現在がケーブルテレビなどでテレビを視聴できるようにしている場合は、

新たにアンテナを設置することになります。

アンテナを設置するだけでは、4K8K衛星放送は視聴できません。

アンテナの設置に加えて、建物内のテレビ配線設備も対応機器に交換する必要があります。

また築年数が古く、

現状BSデジタル放送が視聴できない場合は、

配線そのものも交換します。

そのため、工事の費用がやや高くなる傾向がありますが、

アンテナを設置すればその後の費用がかからず、総合的には費用を抑えられます。




■ケーブルテレビの導入

ケーブルテレビでも4K8K衛星放送を視聴できます。

すでにケーブルテレビを導入しているのであれば、

ケーブルテレビ事業者によって視聴方法が異なるため、問い合わせをしましょう。

新たに導入するのであれば、4K8K衛星放送に対応できるケーブルテレビ事業者を選びましょう。

ただし、ケーブルテレビは毎月のランニングコストがかさむというデメリットがあります。

導入費用に加えて、ランニングコストも考えて検討しましょう。



■光回線の導入

最後のひとつは、光回線で4K8K衛星放送を受信できるようにする方法です。

光回線の場合はアンテナの設置が不要であり、工事費用は抑えられる傾向にあります。

ただし、ケーブルテレビと同様に毎月のランニングコストがかかるため、

総合的に見るとアンテナよりも割高になる可能性が高い事がデメリットの1つです。




上記3つのパターンがオーソドックスな方法となりますが、

結局のところ、一番コスパが良く、ご入居者様の為になるのは、

【アンテナを新規に設置する事】です。

耐久性、費用面なども優れており、

技術や部品の進歩もありますし、

更に近隣の建物への配慮など、様々な面を考慮することが出来るのが、

新規設置です!

長年利用するものですし、1度設置したものであれば、

少しでも長く安全に利用すべきだと思います。

マンションでの設置というのは特殊な工事でもございますので、

しっかりとした経験や知識、資格などをお持ちの業者さん/工事員さんにお願いすべきですし、

そういった事をどこで判断すればいいのか?

やはり各業者さんのブログやホームページの更新頻度、グーグル等のレビューだと思われます。

ホームページを毎日更新するというのはけっこう地味な作業なんですけども、

そういった地味な事も毎日しっかりされているところは、

自然と優秀な工事員が育ち、お客様の評判も良いところが多いです。


当ブログでご紹介させて頂いている業者さんも多数の優秀な工事員さんが揃っており、

口コミの評判も高いところばかりでございます。


オーナー様/管理組合様で、アンテナについて検討されている方は、

ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?




閲覧数:0回0件のコメント

コメント


bottom of page